• 「妊娠中」から「中学校以上」のどのタイミングがベスト!?子どもの成長と家の買いどきの関係性

    「妊娠中」から「中学校以上」のどのタイミングがベスト!?子どもの成長と家の買いどきの関係性

    子どもが生まれたら、多くの人が見直すことになる「住まい」のこと。 けれども、子どもが何歳くらいのときに 家を買うのがベストなのかイマイチわからない、という人も多いでしょう。 そこで、みんなの住宅購入のタイミングを紹介。 将来生まれてくる新しい家族との、ハッピーライフをエンジョイする参考にしてください。

  • 抱き癖が付くのはいつからいつまで? 抱っこしすぎない方がいいの?

    抱き癖が付くのはいつからいつまで? 抱っこしすぎない方がいいの?

    抱っこをやめた途端に赤ちゃんが泣き出してしまう、そんな悩みを抱えているママも多いのではないでしょうか。 そんな状態が続くと、抱き癖がついてしまうのではないかと心配になってしまいますよね。 抱っこに頼ってばかりいると抱き癖がついてしまうというのは本当なのでしょうか。 また、抱き癖がつくとどんな影響が生じるのでしょうか。 先輩ママの体験談も交えながら、抱き癖にまつわる疑問の数々をまとめます。

  • とっても魅力的!企業が取り入れているユニークな産休制度

    とっても魅力的!企業が取り入れているユニークな産休制度

    「今後産休の取得や妊娠を希望しているけれど、今の勤め先に取得実績が少ないので不安」、そんな悩みを抱えていませんか? 産休に関する制度は国の方針によって年々整ってきました。 近年では国だけでなく企業単位での取り組みも増え、ユニークな産休制度を設けている企業もあるようです。 もし、より良い環境での産休取得を望むのであれば、転職もひとつの手段となるかもしれません。 今実際に取り入れられている制度についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 陣痛から出産までどれぐらい時間がかかる?ケースごとに紹介

    陣痛から出産までどれぐらい時間がかかる?ケースごとに紹介

    子宮が収縮を繰り返すことによって起こる陣痛。 赤ちゃんを押し出すためにどうしても必要な痛みだとわかってはいながらも、陣痛がきてから出産までの時間は、できるだけ早くスムーズに終えてしまいたいというのが正直な気持ちですよね。 初めて出産する場合は、陣痛から出産までに時間がかかると言われています。ただし、これには個人差があり、陣痛の時間も人それぞれです。 この記事では、出産のときにどの程度の時間がかかるのか、初産婦・経産婦の場合、難産などのケースごとにご説明します。

  • 出産のために早期入院が必要になったら?注意点や対処法とは

    出産のために早期入院が必要になったら?注意点や対処法とは

    ほとんどの場合、出産のためには当然入院をしなければなりません。 ドラマや映画などで、産気づいた妊婦さんが病院に運ばれていくのをみたことがあるかもしれませんが、通常は出産当日に入院をします。 ですが、場合によってはそれよりも早期に入院が必要となるケースも。 どんなケースの場合に入院が必要になるのか、実際に早期入院となってしまったときに気をつけておくべき注意点や対処法について、ご説明します。

  • 赤ちゃんが生まれたら育児日記を!メリットやポイントをご紹介

    赤ちゃんが生まれたら育児日記を!メリットやポイントをご紹介

    赤ちゃんが産まれたら、将来の思い出のために育児日記をつけたくなりますよね。 ですが、日記をつけることが苦手だったり、何をどう書けばいいのか分からなかったり、三日坊主になってしまいそう……などと不安を感じたりしてはいませんか? でも実は、育児日記をつけることには、意外とたくさんのメリットがあるんです。 今回はそんな育児日記をつけるときにおさえておきたいポイントや日記帳の選び方、三日坊主にならない方法をご紹介します。

  • もらって嬉しい出産祝いって?男の子・女の子別ギフトの選び方

    もらって嬉しい出産祝いって?男の子・女の子別ギフトの選び方

    親族や友人、職場の同僚から出産報告を受けたら、相手が喜んでくれる素敵な出産祝いを選びたいですよね。 しかし、赤ちゃんが使う日用品や衣類、雑貨などは種類がたくさんあるので、どんなものを贈ればいいのか迷ってしまいます。 そこで今回は、男の子・女の子別のギフトの選び方や、もらってうれしい出産祝いについてご紹介します。 実用的でセンスのいいアイテムを選び、出産の喜びに浸るパパ&ママをお祝いしてあげましょう。

  • 育児疲れため込んでない?症状をチェックして上手に発散!

    育児疲れため込んでない?症状をチェックして上手に発散!

    育児は子どもの成長を楽しめる反面、とても疲れるものでもあります。 厚生労働省の調査では、約90%の人が育児疲れを経験していると回答したという結果が出ています。 育児疲れは体力を消耗するだけでなく精神的にも負担が大きく、無理して頑張りすぎてしまうと「産後うつ」や「育児ノイローゼ」になってしまう可能性もあります。 ここでは、上手に育児疲れのストレスを発散する方法をご紹介していきます。

  • 現役ママがおすすめする育児疲れ解消法

    現役ママがおすすめする育児疲れ解消法

    慣れない育児にストレスを感じて自分自身の体力が消耗してしまったり、心が不安定になっていたりしませんか? 子育て中のママは「育児疲れ」に悩まされることがあり、育児疲れが重なると育児ノイローゼになってしまうことも……。 今回は、育児疲れで悩んでいるママにその疲れの解消法をいくつかご紹介していきます。

  • 将来のために、今のために。育児休業給付金を有効活用するには?

    将来のために、今のために。育児休業給付金を有効活用するには?

    育児休業に入ると給付される育児休業給付金。どのように使うかについて、何かプランを立てていますか? 育児休業給付金とは、育児休業で無給の期間中に会社の雇用保険から給料の50~67%が支給される制度のことです。詳しくは、こちらの記事(子どもが産まれたらやらなきゃいけない!お金の手続きリスト)をご覧ください。 育児休業給付金を子どもや家族のために有効活用したい、と考えるママのために、本記事では給付金を有効活用する方法について提案します。将来に備えるか、今をより充実させるかという方向で2プランずつご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。