どっちがお得?節約クイズ【上級編】第2問
どっちがお得?節約クイズ【上級編】第2問
公開日 2021/07/20
更新日 2021/07/20

どっちがお得?節約クイズ【上級編】第2問

-

  • 第2問

    50歳で早期退職した場合、65歳まで働いた場合と比べてもらえる年金は毎月いくら違う? (年収400万円の場合)

  • 第2問

    50歳で早期退職した場合、65歳まで働いた場合と比べてもらえる年金は毎月いくら違う? (年収400万円の場合)

  • 【答え】B:毎月2万円少ない

  • 早期退職した場合は、厚生年金分が減りますが、早期退職しても、国民年金は60歳まで払い続ける必要があるので、老後にもらえる年金のうち、老齢基礎年金は、65歳まで働き続けた場合と変わりません。変わるのはそれにプラスされる老齢厚生年金。老齢厚生年金は年収÷100万×5500円で概算できます。

  • 年収300万で

  • 22歳から65歳まで働いたときの老齢厚生年金は

    300万÷100万×5500円×43年

    =70万9500円

  • 22歳から50歳まで働いたときの老齢厚生年金は

    300万÷100万×5500円×28年

    =46万2000円

  • 年間差額は24万7500円なので、

    月にすると毎月約2万減。老後資金として心もとないと考えるなら、国民年金基金など、自分で年金を貯めることも考えておきましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事