\「推し」のためにどうやりくりしてる?/ ヒ・ミ・ツの「沼」家計簿
\「推し」のためにどうやりくりしてる?/ ヒ・ミ・ツの「沼」家計簿
公開日 2019/12/20
更新日 2019/12/20

\「推し」のためにどうやりくりしてる?/ ヒ・ミ・ツの「沼」家計簿

沼。それは特定の人や作品に熱中し、知れば知るほどその奥深さにハマり抜け出せないもの。沼があるからこそ人生は豊かになり、さらに深堀りするモチベーションが湧き上がることも。しかし、人々は沼の中だけで生きている訳ではありません。生活するには、家賃、食費、光熱費……とお金がかかります。では、沼にハマっている人は、どうやってやりくりをしているのでしょうか?自分だけの素敵な沼を持つ皆さんに、リアル「家計簿」をこっそり教えていただきます。

取材・文/小竹美沙 バナーイラスト/つかさちずる
  • 【今月の沼】

    フィギュアスケート沼

  • 【沼にハマった人】

    安田ショウコさん(仮名)

    フィギュアスケート
  • 【プロフィール】

    28歳、独身女性。

    東京都杉並区在住(一人暮らし・賃貸)

    職業:舞台女優・セミナー講師

    手取り年収:約320万

    フィギュアスケートの国内某男子選手、ロシアの某女子選手をこよなく愛する。

■アニメきっかけでリアル選手の追っかけへ

  • 編集部:日本のA選手が好きということですが、キッカケは?

    フィギュアスケート アニメ

    ショウコ:3年前に見たフィギュアスケートのアニメがキッカケでした。その作品にどハマりしたので、生でフィギュアスケートを観たくなったんですね。いろいろなショーに足を運ぶうちに、A選手の人間性に惹かれていきました。

  • 編集部:沼が沼を呼んだんですね。人間性というと?

  • ショウコ:とにかくピュアで一生懸命なんです。取材の受け答えもとても無邪気で可愛くて…なんだか見ているだけで、心が洗われるんです。最初はちょっと意識して見ているだけだったのですが、フィギュアスケート選手の現役期間は本当に短いので、選手として華やかな時期に思いきり応援したいと思うようになりました。

  • 編集部:ロシアのB選手もお好きなんですよね。彼女の好きなところは?

  • ショウコ:B様はですね…

  • 編集部:様付けなんですね。

  • ショウコ:はい(笑)。B様を好きになったキッカケは、B様も私が好きなスケートアニメを見ているとSNSで投稿していて。そこで好感度あがって…親日家なんですよね。気にしてみているうちにハマっていってしまいました。とにかくお美しくて…B様は、つくづくスケートって芸術作品だなと思わせてくださる女神様です。

  • フィギュアスケート 沼

    ニヤニヤ満面の笑みで語るショウコさん

  • 編集部:崇拝している感じが既に伝わってきました。では、これまで「沼」にかけた具体的な支出について聞いていきたいんですけど、その前に、お仕事は何をされているんですか?

  • ショウコ:舞台女優と、企業の研修セミナーというふたつのお仕事をしています。研修セミナーというとイメージしにくいと思うのですが、例えばクライアント先に出かけて商品の理解が深まるように寸劇をしたり、使い方をアナウンスしたりしています。ユニークな制度であまりディテールを説明すると企業名がバレてしまいそうで……これくらいでお許しください(笑)

  • 編集部:連載初回なのに結構ニッチな職種な方が来てしまいましたね…。働き方としては、フリーランスですか?

  • ショウコ:個人事業主です。なので、お仕事については自分のスケジュールに合わせて自由に契約することができます。舞台のお仕事は不定期で予想がつき辛いですが、企業研修の仕事量は自分のペースで増減できるのでありがたいですね。

  • 編集部:月収はいくらくらいになるんですか?

  • ショウコ:手取りでだいたい25~30万くらいですね。

  • 編集部:今28歳なので…平均並みかちょい上って感じですかね。月のお給料の内、どの位を推しに使っているんですか?

  • ショウコ:シーズンによるのですが、多い時だと25万くらいかかりますね。

  • 編集部:あ、月にです。

  • ショウコ:? 月25万です。

  • 編集部:?????

  • 編集部:月収25万で、支出も25万っておかしくないですか?

  • ショウコ:そうキレられても…

■チケットがないとプレゼントも渡せない。チケット確保が最優先事項

  • 編集部:いったん落ち着きますね。推しに月25万かけてるとして、25万円の内訳は?

  • ショウコ:よく選手にはプレゼントを渡すのですが、これまでにB様にお渡ししたプレゼントは、イヴ・サンローランやJILL STUART Beautyのリップですね。大体5〜6000円くらい。B様がSNSでイヴ・サンローランのリップを塗ってアップしてくれたことがあって、その時は泣いちゃいました(笑)

  • 編集部:えっ自分があげたやつってわかるんですか?

  • ショウコ:渡したタイミングが同時期だったので。あれは絶対私があげたやつです。

  • フィギュアスケート プレゼント

    なぜか自信に満ちているショウコさん

  • 編集部:…そうしておきましょうか。他にもなにか貢いだり?

  • ショウコ: あとはさっきのアニメのグッズとかですね。限定の。

  • 編集部:思ったより普通ですね。もっと家電とか時計とかあげてるかと思いました。

  • ショウコ:もらって困らないものにしようと気は遣ってます。ギフト券や食べ物はプレゼントのルール的にも一切NGですし、なるべく持ち帰りやすいもので、消耗品やご家族でも使っていただけそうなものをお渡しするようにしてます。

  • 編集部:そっか、高いものあげれば喜ぶって訳でもないんですね。

  • ショウコ:選手の迷惑にはなりたくないので…。そもそも、ショーや大会にいかないとプレゼントをお渡しできないんですよね。特に海外選手は。

  • 編集部:あ~テレビとかでよくリンクに投げ入れてますよね。お花とかぬいぐるみとか。

  • ショウコ:そうですそうです。だからまずは会いに行かなきゃいけなくて。チケット代を捻出するのが最優先ですね。

  • 編集部:チケット代はどのくらいが相場ですか?

  • ショウコ:うーん、チケット代は1公演2万円前後かな? アイスショーだと1日2公演とかあって、人気の選手は3日間開催とかよくしてますね。全通(ぜんつう)するとなると、1日2公演×6回で12万円はかかってますね。

  • 編集部:たかっ!いや、その前にすみません、ぜんつうってなんですか?

  • ショウコ:あ、全部の講演を観に行くことを全通と言います。スケオタの界隈ではよく使われているワードです。同じ日でも、講演によって選手のコンディションが違ってくるので、1日に2回ステージがあれば両方観るというファンも少なくありません。

  • 編集部:スケオタはスケートオタクの略であってます?

  • ショウコ:あってますあってます。ふふ。

  • 編集部:やっとつかめてきました。日本のA選手にも同じくらいの金額を?

  • ショウコ:私のスタンスとして、A選手の場合は国内で開催されるアイスショーには必ず出かけるようにしています。これまで行ったのは、大阪、横浜、幕張、埼玉です。

  • 編集部:意外と近場だ。

  • ショウコ:幸運なことに首都圏多いんですよね。会場も大きいですし。

  • 編集部:住んでいる杉並区からだと、横浜、幕張、埼玉への交通費は往復でも2000円前後くらいですかね?交通費としては、そこまでかからないですね。

  • ショウコ:そう。でも大阪だと往復の新幹線代にプラスしてホテル代、食費、プレゼント代がかかるので、1回で10万円弱の遠征費になります。

  • 編集部:B様全通の方がやや高いですね。恐ろしいB様…。

  • ショウコ:A選手へのプレゼントですが、B様と同様、もらって消費できるもので5〜6000円の予算を目安にしています。ルームシューズとか、バスグッズとか差し上げたことがあります。

    でも手渡しできるときは、ポール・スミスのネクタイをあげました。友人に社割で購入してもらいましたが10000円くらいだったかな…。

  • 編集部:手渡しできるんだ。

  • ショウコ:そうなんです!リンク近くの席だとまわってきてくれて。で、近いんですよ。彼の視界に入ってしまうので失礼のないよう、ネイルサロンやマツエクに行って身なりは整えますね。あわせてだいたい1.5万円くらいでしょうか。

  • 編集部:正装的なやつですね。でもそこまでエキセントリックな支出はないような印象ですね。

  • ショウコ:確かに。スケート以外のことでは無駄使いはしないですね。でも、欲しいと思ったらポチッとしますよ。A選手がコラボした化粧品とか…。ボディジェルを3本買うとA選手のクリアファイルがもらえるキャンペーンがあって、迷わず3本買いました。3本で大体1万円分くらいかな。あとは、コラボ限定ジャージも13着、15万円くらい大人買いしました。

  • 編集部:ジャージ13着も要ります?

  • ショウコ:そういう問題じゃないんです!!!!!!

  • 編集部:!?

  • ショウコ:「売れた」という実績が残らないと次のコラボも生まれないですよね?なので、彼のためにも公式グッズなどはしっかり購入して貢献したいんです。私は、「沼への欲望は忠実に」「推せるときに思いきり推す」のがポリシーです。

  • 編集部:おお…(ツイッターでよく聞くやつだ)

  • ショウコ:でも、私なんて未だまだだと思います。国内男子のC選手がトータルコーディネーターを務めたマンションがあるんですが、即完売したそうです。

  • 編集部:やばい世界ですね。

  • フィギュアスケート 写真集

    B様の写真集を持ってきてくれました

  • ■「推し費」捻出のカギはメリハリ?

  • 編集部:とはいえジャージ13着も私からしたら尋常じゃないです。お金を貯めるための工夫などはありますか?

  • ショウコ:うーん…辛い節約などはしていません。工夫といえるのか分かりませんが、シーズンに合わせてライフスタイルを変えることは意識していますね。

  • 編集部:というと?

  • ショウコ:一般的に、9月後半から3月にかけては競技シーズンなので、A選手は日本にいません。なので、閑散期。この時期は、家でライブストリーミングを地味に楽しむ期間で、遠出もしませんね。なのでこの閑散期中に、企業の研修活動を増やして仕事に励むようにしています。

    アイスショーは春から夏にかけて開催されるので、このときは温存していた『大人の力』を行使します!

  • 編集部:なるほど。出稼ぎ的な。

  • ショウコ:そうですそうです。

  • 編集部:節約とかもしていない?

  • ショウコ:食費でいうと、スーパーは安いところに行く、八百屋で見切り品を購入する、ランチは仕事先の社員食堂を活用することなどです。あとは、コンビニには行きません。スイーツが大好きなのですが、見ると欲しくなっちゃうのでそもそもコンビニに行かないと決めています。あ、あと舞台の差し入れでお菓子をいただけることもあるので有難く頂いています。

  • 乾麺

    お中元でもらった大量の乾麺たち

  • 編集部: もらいものを上手く活用することは大切ですよね。

  • ショウコ:そうですね。お中元シーズンに、クライアントさんから乾麺を大量にいただけるので、それを主食にしています。さらに実家でお米や野菜を作っていて送ってもらえるので食べるのに困ったことはありません。こうして整理すると、お酒も飲まないですし食費があまりかかっていないのかも!

  • 収支

    自分の収支を改めて見つめるショウコさん

  • 編集部:コスメはプチプラだけ…とかではない?

  • ショウコ:閑散期には、まつエクもジェルネイルもお休みしますね。でも選手に直接会えて話せるときは、美容への投資を惜しみません!

  • 編集部:「毎日切り詰めて節約」するのではなく、稼げるシーズンにしっかり貯金して、自分がしたいことを思いきり満喫するスタンスなんですね。最後に沼への熱いメッセージをどうぞ。

  • ショウコ:沼への欲望は忠実に!推しは推せるときに思いきり推す!

  • 編集部:(2回目!)ありがとうございました!


  • 今月の沼家訓【アイスショー閑散期は仕事に没頭。繁忙期は欲望に忠実に】


  • 支出/月

    家賃6.3万円
    光熱費1.5万円
    通信費1万円
    食費5万円
    交際費2万円
    美容3万円
    貯金(シーズンの場合は推し代)6.2万円

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事