パパも育児休業給付金がもらえる?賢く夫婦で子育てする方法とは
パパも育児休業給付金がもらえる?賢く夫婦で子育てする方法とは

2018/12/28

パパも育児休業給付金がもらえる?賢く夫婦で子育てする方法とは

育児休業給付金は女性だけではなく男性も受け取れることをご存知ですか?
男性が育児休業を積極的に取得すれば、産後のママを心身ともにサポートでき、生まれたばかりの子どもと過ごす時間も増えます。
さらに、パパが育児休業を取ることで使える制度もあるので、うまく活用すれば、収入を確保しながら夫婦で子育てできます。

今回は男性が育児休業を取得するメリットや、夫婦で育児休業給付金をもらうときの注意点を解説します。

育児休業給付金とは

  • 育児休業給付金とは育児休業の取得期間中に支給される給付金です。受給するためには雇用保険に加入しており1歳未満の子どもがいるなど、いくつかの条件を満たす必要があります。条件をクリアしていればパートや契約社員でも受給対象となり、女性だけではなく男性も申請できます。

  • 育児休業給付金の詳しい申請方法や条件などは、こちらの記事(働くママなら知っておきたい、育児休業給付金支給申請のこと)を参考にしてください。

パパが育児休業を取るメリット

  • 「育児休業=ママが取得するもの」というイメージがあるかもしれませんが、パパとママが育児休業を取ることで「パパ休暇」や「パパ・ママ育休プラス」という制度が使えます。

  • 「パパ休暇」とは子どもが生まれて8週間以内にパパが育児休業を取得した場合、育児休業期間内であれば再度休暇が取れる制度です。育児休業は通常1回までですが、「パパ休暇」を活用すれば特別な事情がなくても2回取得できます。ママは出産後と職場復帰前の時期を配偶者にサポートしてもらうことで、ゆとりをもって子育てができますよ。

  • 「パパ・ママ育休プラス」は両親が育児休業を取ることで、子どもが1歳2カ月になるまで育児休業の対象期間を延長できる制度です。ただし次の要件を満たす必要があります。

  • ・子どもが1歳になるまでに配偶者が育児休業を取得していること

    ・育児休業の開始予定日が、子どもが1歳になる誕生日より前であること

    ・育児休業の開始予定日が、配偶者の育児休業の初日以降であること

  • パパが休暇を取れば、生まれたばかりのかわいらしい時期を子どもと共に過ごすことができ、子育てスキルも上がって、ママと良好な関係を築けるようになるでしょう。また、出産前後の体調の変化や精神的な疲れを感じているママを手助けすることで、負担を軽減できます。

  • 「パパ休暇」や「パパ・ママ育休プラス」を活用して、夫婦ふたりで育児に専念できないかを話し合ってみましょう。

夫婦で育児休業給付金をもらうときの注意点

  • 夫婦で育児給付金をもらうときは、制度をフル活用できるように工夫したいものです。

  • 育児休業給付金は、休業開始から6カ月間は休業開始前賃金の67%、それ以降は50%の額が支給されます。育児休業給付金は非課税なので所得税がかからず、社会保険料や雇用保険料なども免除されるため、最初の半年間は休業前の手取り賃金の約8割のお金を受け取ることができます。ママが半年間休んだ後、「パパ・ママ育休プラス」を利用してパパが育休を取ると、そこから半年間はパパも休業開始前賃金の67%の額を受け取れるので、夫婦で計1年間も手取り賃金の約8割の給付金を受け取れます。

  • 「パパ・ママ育休プラス」を活用するときは、誰がいつから育児休業を取得するかで制度が適用されるかが決まります。例えばママの育休開始日がパパの育休初日より前になった場合、ママは条件を満たしていないので期間を延長できません。しかし、パパは条件を満たしているため期間の延長が可能です。条件を満たしているかを確認しながら育休取得期間を夫婦で話し合うことが大切です。

  • パパが育児休業を取ると、「パパ休暇」や「パパ・ママ育休プラス」を利用できるので、収入を確保しながら子育てする時間を増やせます。育児休業と言うと、どうしてもママが取るものと思われがちですが、夫婦で取得するとたくさんのメリットがあります。また、子どもの成長は早いため、生まれたばかりの愛くるしい姿は今しか見られません。そんな貴重な時間をパパとママがともに過ごせるよう、夫婦で育児休業の取得を考えてみてください。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事