先輩ママがアドバイス。「出産後の仕事、私はここで悩み、こう働き方を変えました」
先輩ママがアドバイス。「出産後の仕事、私はここで悩み、こう働き方を変えました」

2018/10/25

先輩ママがアドバイス。「出産後の仕事、私はここで悩み、こう働き方を変えました」

人生の中でも、大きな転機となる出産。人生初体験となる子育てを前に、仕事は続ける?それとも辞める!?
出産を経験した先輩ママたちに、1人目出産時点での決断を聞きました。
仕事と子育てのバランスをどう考え、出産後の働き方をどのようにしたのか、また何が不安ポイントだったのか。
未婚の人も妊娠前の既婚者も、将来のため、経験者の意見を参考に!

構成・文:江尻亜由子

開き直って周りを頼るのが、復職を乗り切る秘訣!?

  • 調査結果によると、産休や育休で仕事を離れることについては「不安を感じた」が58%。まずは、その不安の内容から見てみましょう。

  • 産後について、何が不安?

    ●社会からの疎外感。 (福岡県・28歳)

  • 仕事と育児両立出来るか。仕事の知識を再度覚え直すことができるのか。(広島県・35歳)

  • キャリアが停滞してしまうこと。(東京都・37歳)

  • ●復帰して居場所があるのか?(岩手県・34歳)

  • ●仕事の配属先が変わること、仕事のシステムが変わっていたりすること、家事育児の両立が出来るのか不安でした。(滋賀県・30歳)

  • ●自分の代わりに新入社員が入ることになり、仕事がなくなると思った。(兵庫県・37歳・正社員)

  • それらの不安を経て、「職場復帰した・もしくは復帰予定」が44%、「退職した・もしくは退職予定」が50%。しかし退職した理由として最も多いのは、自分の決断というより、産休制度がない、退職圧力、保育園に入れなかった、夫の引越し、などの不可抗力。

  • 退職の理由は?

    夫が転勤になり、自分の職場に復帰が出来なかった。(大分県・29歳)

  • ●接客業で立ち仕事の忙しいなかつわりが酷く入院したり、結局産むまでつわりが終わらず産休取得日まで働くのが厳しかったから。(愛知県・29歳)

  • ●正社員を辞めるように会社から勧められたから。(愛知県・27歳)

  • ●正社員だったが、産休育休の制度が職場になかったので。(大阪府・29歳)

  • ●入社して1年未満だったので育児休暇が取れず、保育園にも入れられなかったため退職した。(岡山県・21歳)

  • ●両家の両親の協力もないし、仕事をしながら子育てするのは無理だと思ったから。(東京都・40歳)

  • ●復帰予定だったが、保育園に入れず、職場からも育休延長に難色を示されたので。(岡山県・28歳)

  • 保育園に入れなかったから。(埼玉県・27歳)

  • 保育園に入れないことで仕事を辞めなければいけなかった、という人が予想以上に多いことが衝撃的。妊娠がわかったらすぐに保活を! 一方、仕事に復帰した人の実態は?

  • 仕事に復帰してみての実感は?

    ●フルタイム勤務は明らかに無理だなと知ったので、産前はバリバリ朝から晩まで働いていたけど産後は定時で上がれる非常勤に切り替えざるを得なかった。仕事をするのは自分がしたいからであって子の意思は関係ないから、後ろめたさがあった。(岩手県・28歳)

  • ●大事な行事担当を抱えていたが、当日に子どもが熱を出し欠席。出産後は子どもの体調に左右されることを痛感した。(福岡県・29歳)

  • ●子供の体調で休むことが多くなり周りに迷惑をかけてるという気持ちが辛かった。(神奈川県・40歳)

  • ●双子のため、給与より保育料の方が高くなった。(広島県・28歳)

  • こんな実感を含め、出産を経た先輩ママたちのアドバイスを。

  • 仕事復帰派のアドバイス

    ●常に最悪のパターンを予測して誰でも出来るように簡潔に仕事内容をまとめ、人が早いと思うくらい早めに済ませておくことが大事。(福岡県・29歳)

  • ●時間に制約があったり、急に休まなければならないこともあるので、仕事は1人で背負いこまないように。(埼玉県・36歳)

  • ●前は自分一人でやり遂げていた仕事でも、子供が産まれたら周囲のメンバーに頼ること。(広島県・35歳)

  • ●保育園のお迎えで残業ができないし、急な休みに備えられるよう、職場内の情報共有に努めて。(東京都・46歳)

  • ●育児に時間を取る体制を理解してもらうこと。(徳島県・40歳)

  • 退職派のアドバイス

    ●まだ若かったからすぐに再就職できると思っていたが、働ける時間や出勤の距離が短いところしか選べなくなったので、退職は慎重に。(神奈川県・34歳)

  • ●親も働いていたため預け先がないのと、育児休暇を取れない雰囲気だったから正社員だった会社を退職。結局転職後は出産前のキャリアに戻れていないので、無理やりにでも育休をとって続けるのも手だったと思う。(愛知県・48歳)

  • 半数の女性が退職していることからも、出産後に仕事を続けるのは難しい状況があることがわかりますが、やめると再就職しづらいという事実が。一方で、「産んだからって復職しても特に差がないのが一番の驚き」(岩手県・30歳)というツワモノも。出産の可能性がある人は、じっくり考えて後悔のない選択を!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事