清潔感×きちんと感×動きやすさを叶えるワーキングママコーデ
清潔感×きちんと感×動きやすさを叶えるワーキングママコーデ

2018/07/31

清潔感×きちんと感×動きやすさを叶えるワーキングママコーデ

職場でのファッションは清潔感・きちんと感を重視したいですよね。
しかし小さなお子さんがいるママは、毎朝子どもの支度を手伝ったり、保育園に送り届けたりと大忙し。そのため、動きやすくて気負わず着られることも重要です。
これらのポイントを押さえつつ、女性らしいおしゃれな着こなしをするには、どうすればいいのでしょうか?

今回は、毎朝忙しいワーキングママにおすすめな、手軽に楽しめるオフィスコーデをご紹介します。

光沢ブラウス+フレアスカートで上品コーデ

  • まずは、ブラウスとスカートを組み合わせた女性らしいコーディネートです。ブラウスはシルクや光沢素材で襟ぐりが空きすぎず、カッチリしたデザインのものを着用しましょう。

    ボトムスには膝をしっかり隠すミモレ丈スカートを。柄は無地のものがおすすめです。ブルーや落ち着いたパープル系など、色味で自分らしさを出してもいいですね。ボトムスにINして着られるよう、トップスはウエスト部分がスッキリしたデザインのものを選んでください。

  • コーデのポイント

    光沢素材のブラウスはアイロンいらずで着られ、手間なくカッチリした印象にしてくれます。ボトムスは膝をすっぽり覆う丈で、露出を抑えながらも涼しげな印象です。

    ブラウスをINして着ることによって、トップスにふくらみを持たせつつ、メリハリのあるコーディネートが完成。女性らしいふんわり感と、きちんと感を両立した組み合わせです。

動きやすさ重視なら襟抜きシャツ+ワイドパンツ

  • 着やすさ・動きやすさを重視するなら、ワイドパンツを使ったコーディネートはいかがでしょうか。トップスは無地やストライプの襟抜きシャツを使用します。特にピッタリなのが、リネン素材ですっきりしたシルエットのもの。涼しげで清潔な印象になりますよ。

    ボトムスにはくるぶしが見える丈のワイドパンツを持ってきましょう。センタープレス加工が施されているものや、グレー・ブラックといった落ち着いた色味のものなど、カッチリしたデザインを選んで。

  • コーデのポイント

    今年もワイドパンツを使ったAラインのコーディネートが人気です。下に向かって広がるシルエットなので、バランスが整いやすく、スッキリして見えるのが特徴。通勤や保育園のお迎えに自転車を利用しているママも、パンツルックなら動きやすいですね。ネックレスやベルトなど、小物使いで変化を楽しむのもおすすめですよ。

カッチリ軽やかアウターは1枚あると便利

  • とにかく忙しい人におすすめなのが、アウターが主役のコーディネートです。ジャケットなら定番のテーラードは1枚持っておきたいですね。セットアップスーツだと動きにくく取り扱いも面倒ですが、最近ではより手軽に着られる機能性生地の商品が増えてきました。例えば、柔らかくサラッとした感触のドライタッチ素材などが人気です。型崩れもしにくく、自宅で洗えるウォッシャブル生地の商品も多数登場しています。

    カーデならボタンや襟ぐりにデザイン性のあるボレロ風のものはいかがでしょうか。ハリのある生地感のニット素材なら、洗練された印象になりますよ。カッチリしたデザインのカーディガンはバッグに1枚入れておくと便利です。保育園にお子さんを送り届けたあとなど、羽織るだけですぐにオンモードになれますね。

  • コーデのポイント

    冷房対策にもなり、手軽にカッチリ感を出せるアウターはワーキングママのマストアイテムです。アウターで隠れるトップスは、イエローやピンク、花柄など、遊びのある色柄をちら見せしてもいいですね。アウターがカッチリしたデザインなら、ボトムスも多少カジュアルめな雰囲気でもOK。色はシンプルなものにしましょう。忙しい朝のお助けアイテムとして、カッチリアウターはおすすめですよ。

  • ワーキングママの朝は時間との勝負です。しかし、着こなしのコツさえ覚えておけば、短い時間でもおしゃれなコーディネートが完成しますよ。

    また、ワイドパンツや柄もののトップスなどは、すでに持っているけれどあまり活用できていない、という人もいるかもしれません。そんな人も、ぜひこちらでご紹介した組み合わせにチャレンジしてみてくださいね。ワーキングママでも取り入れやすいポイントを押さえて、オフィスコーデを楽しみましょう!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事