ひとりで抱え込まないで!子育てと仕事の両立に悩むあなたへ
ひとりで抱え込まないで!子育てと仕事の両立に悩むあなたへ

2018/01/19

ひとりで抱え込まないで!子育てと仕事の両立に悩むあなたへ

子育てと仕事の両立は、とってもハードですよね。
朝から晩までバタバタ走り回り、自分のことを気にかけるゆとりもなく、いっそのこと投げ出したいと思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな方のために子育てと仕事を両立させる秘訣をご紹介します。
自分ですべて抱え込もうとすると疲れたり、つらくなってしまうので、家族や周りの人を頼りながら上手に乗り越えましょう。子どももそんな親の背中を見て、自立した子に成長してくれるはずですよ。

家族の理解を得て家事労働を減らす

  • 子育てと仕事を両立させるためには、それ以外の負担を減らすことが重要です。そのなかでも家事労働は、比較的減らしやすい負担の1つです。夫婦共働きだと、子育てだけではなく家事も夫婦ふたりで行いたいもの。夫と家事を分担できないか話し合ってみてください。

  • 次に、便利な家電製品を活用して家事にかける時間を減らしましょう。共働き家庭におすすめなのが食器洗浄機やロボット掃除機、乾燥機付き洗濯機です。食べ終わったあとの食器は、つい流しにためてしまいがちですが、食器洗浄機があれば食器洗いにかける時間を大幅に短縮することができます。ロボット掃除機も、朝や夜、休日など決まった時間にしか掃除機をかけられない共働き夫婦の強い味方です。とくにハイハイ期の赤ちゃんがいる家庭は、床のほこりが気になりますよね。朝稼働すれば、日中ほこりや髪の毛をきれいに掃除してくれます。また、乾燥機付き洗濯機は天候にかかわらず洗濯から乾燥まで1台で済ますことができるので、忙しい兼業主婦にぴったりです。

時間を有効活用する

  • 共働きだと、専業主婦のママに比べて子どもと一緒にいる時間が短い場合が多いです。だからこそ、子どもとの時間は量より質を重視するようにしましょう。どこか遠くへ出かけるなど特別なことをしなくても、子どもと向き合って同じ時間を過ごすだけでも貴重な時間。心置きなく楽しんでください。

  • また、平日、休日問わず朝型の生活に切り替えて、時間を有効活用しましょう。家事や仕事の雑務などを夜行うと、一日中バタバタしてしまい、気持ちが休まる暇がありません。朝のうちにテキパキと終わらせると、気持ちにゆとりが出て生活にメリハリが出ます。

  • 時間を有効活用したあとは、ママも意識的に休息を取るようにしましょう。母親がイライラしていると、家族との関係もギスギスしてしまいます。ひとりでゆっくりと買い物を楽しんだり、マッサージや美容院などに出かけて自分磨きをすれば、たまっていたイライラも消えていくでしょう。ひとりで贅沢な時間を満喫すれば心にゆとりが持て、家族や周囲の人にも優しく接することができます。そして、「また明日からがんばろう!」とやる気も沸き起こってきますよ。

地域のサポートや専門家の力をフル活用

  • 家族に頼ったり、時間の使い方を工夫したりするだけではなく、地域のサポートや専門家の力を取り入れるのもおすすめです。

    子どもの体調が悪いけど、仕事を休むことができない場合は祖父母や親族、病児保育などに助けを求めましょう。家事をする時間がないときは、家事代行サービスが便利です。負担が大きいと感じたときは、我慢することなく活用してみてください。その他、食品の宅配サービスや地域の子育て支援なども、必要に応じて活用してみてはいかがですか?

  • 子育ても仕事も、がんばっているママほど完璧を求めてしまいがち。しかし、両立させるには自分ひとりで完璧を目指すのではなく、上手に周囲に頼ることが大切です。家事は夫と分担したり家電製品に頼って手早く済ませるようにし、地域や専門家にも頼ることを考えてください。子どもも大きくなれば、次第に手がかからなくなっていきます。あとから振り返って、「子育ても仕事も大変だったけど、充実していたな。楽しかったな」と思えるように、ストレスをためずに乗り切りましょう!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事