診断結果

「子どものためならつい買っちゃう」 じゃんじゃん浪費ママ

じゃんじゃん浪費ママ

買い物好きが妊娠・出産という一大イベントを契機に、物欲に火が付きがちなママ。出産までバリバリ共働きだったり、結婚まで実家暮らしだったり、自分の収入を自由に使えたママに多い傾向です。

特徴

  1. ・着せないまま、サイズオーバーしてしまったベビー服がある
  2. ・1歳の誕生日の写真館撮影。軽く予算を超えてしまった
  3. ・抱っこヒモ、スリング、おんぶ紐系は3種類以上持っている
  4. ・ママになった記念、自分へのご褒美として、そこそこ高額なものを買った
  5. ・子どものための学資保険に関心はある。ただし、今のところ手つかず

あなたのタイプは全体の11%

あなたのタイプは全体の11%
隠れお金ストレス

仕事を続けていても時短勤務や残業ができないために実は収入は減少。バリバリ働いている人は延長保育料やベビーシッター代もかかります。出産を機に仕事を辞めた人はもっと赤信号、これまで節約とは無縁だったからこそ、「自分で自由になるお金がない」ことが大きなストレスに。

陥りやすいピンチ

子どもが成長するにつれ、アウトドアなどレジャーにかけるお金、習い事・塾などの出費も増加。特にこのタイプは、晩婚、晩産でアラフォー夫婦(夫はアラフィフの場合も)が多いので、教育費のピークとなる頃に夫が定年というケースも。自分の老後資金が貯蓄できません。

もう一度診断する

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事