【子育て中の医師が答える】イヤイヤ期はいつから?原因と対処法
【子育て中の医師が答える】イヤイヤ期はいつから?原因と対処法

2019/08/30

【子育て中の医師が答える】イヤイヤ期はいつから?原因と対処法

昼夜を問わない授乳や夜泣きがようやく終わり、子どももママもまとまった睡眠がとれるようになり、必死に駆け抜けた慣れない育児も一段落するかと思いきや、突然襲ってくる「イヤイヤ期」。ご両親は何をするにもイヤイヤと癇癪(かんしゃく)を起こすわが子に手を焼き、疲れきってしまうことも少なくありません。「うちの子、イヤイヤ期が早くない?」「いったいいつ終わるの?」ここでは「イヤイヤ期」の原因や経過に迫るとともに、おススメの対処法をご紹介します。

執筆・監修 成田亜希子(内科医)

イヤイヤ期は正常なこころの発達過程

  • イヤイヤ期とは、子どもが身の回りの様々な物事に対して「イヤ!」と癇癪を起こすようになる時期のことです。2~3歳児に多くみられるとされており、「魔の2歳児」と呼ばれることもあります。

  • 育児に付き物のイヤイヤ期。もちろん、子育て中の筆者も悩まされてきました。イヤイヤの現れ方は子どもによって違ってきますが、中には名前を呼んだだけで「イヤ!」と泣いて抵抗する子どももいるようです。あまりにも癇癪がひどすぎて、「うちの子はどこかおかしいのかな?」「親の接し方や家庭環境が悪いのかな?」と心配になるご両親もいることでしょう。

  • しかし、イヤイヤ期は正常なこころの発達過程として、多くの子どもがたどる道です。もちろん、イヤイヤ期の子どもに向き合わなければならないご両親のつらさは相当なものですが、夜泣きと同様に永遠に続くものではないので、どうか安心してください。

イヤイヤ期はいつ、どこで起こりやすい?

  • イヤイヤ期の出現は2歳0か月~5か月が最多!

    広告代理店の博報堂が0~5歳児のパパ・ママ9250人を対象に行った「イヤイヤ出現率調査」1)(2018年)によれば、イヤイヤ出現率が最も高い(77.3%)のは2歳0か月~5か月という結果でした。また、1歳6か月~11か月では出現率56.8%であることから、半数以上の子が2歳を迎える前にイヤイヤ期に突入していることが分かります。そして、2歳前半をピークに出現率は徐々に低下していきますが、4~5歳でも20~30%でイヤイヤがみられています。つまり、イヤイヤ期が遅く始まったり、長く続いたりする子どもも多いというわけです。

  • イヤイヤは家庭の中で起こりやすい!

    前出の調査において、0~5歳の子どもがイヤイヤを起こしやすい場所について尋ねたところ、最も多かったのは家庭のリビング(76.4%)で、次いで食卓(63.4%)、物販店(57.2%)、風呂場(44.3%)という結果でした。家庭で過ごす時間が長いため、そこでイヤイヤを起こしやすいのは当然ですが、家庭のルールを守らせなければならないことによる反動も影響していそうです。

  • また、イヤイヤが起こると困る場所について尋ねたところ、最も多く挙げられたのは物販店(47.8%)で、次いで飲食店(35.3%)、食卓(34.8%)、リビング(28.9%)という結果でした。実際にイヤイヤの現場となりやすいのは自宅の中ですが、外出先では周囲の目などが気になって対処に困るケースが多いことが想像できます。

なぜ、イヤイヤ期があるの?――子どもの発達とイヤイヤ期の関係性

  • イヤイヤ期は多くの子どもが成長の過程として通る道です。とはいえ、イヤイヤ期があって当たり前という理由は何なのでしょうか。子どもの発達とイヤイヤ期の関係性について考えてみましょう。

  • 自分なりの意思の芽生えがイヤイヤを生む

    イヤイヤ期は正式には「第一反抗期」と呼ばれ、幼いながらも自分なりの意思の確立が急速に進むことにより引き起こされるものと考えられています。赤ちゃんのうちは、生きていくための哺乳や排泄などの営みをほぼ全面的に周囲の大人に依存しています。しかし、日々驚くべきスピードで成長していくにつれて、「自分はこうしたい!」「今はやりたくない!」といった様々な意思が芽生えるようになります。ところが、2~3歳児はそれをうまく言葉にして伝えることができません。その代わりとして、大声で泣き叫んだり、寝転がって地団太を踏んだりして感情を爆発させているのです。

  • つまり、イヤイヤ期の原因は「自分の思いを表現したいという欲求」です。周囲の大人の意向に従うばかりでなく、自分なりの意思が強くなってきた表れなのです。ちょうど同じころ、片言の拙い言葉を発することができるようになり、運動能力も発達してくるので、「イヤ!」という言葉とともに態度や身振りも使って全力で表現するようになります。それでも十分に思いを伝えるには至らないことが多く、さらに強いイヤイヤを引き起こすという悪循環に陥ることも少なくありません。

  • 過干渉にするとイヤイヤがひどくなることも

    イヤイヤの程度には大きな個人差があります。それが生じる最大の要因は、子どもが持っている元来の性格だといえます。赤ちゃんのころからぐずりやすく夜泣きなどがひどかった「癪(かん)が強い子ども」は、一般的にイヤイヤもひどくなりやすいと考えられています。癪が強い子どもは不快や怒りなどネガティブな感情を強く表す傾向があるので、イヤイヤも強くなりやすいのです。

  • とはいえ、イヤイヤの程度は子どもだけに原因があるのではなく、パパやママをはじめとする周囲の大人たちの振る舞いに影響されることも少なくありません。特に過干渉で子どもの行動を制限しがちな大人が周りにいると子どもは大きなストレスを感じ、日ごろから積もり積もった葛藤を爆発させることで強烈なイヤイヤが現れやすくなります。

理不尽なイヤイヤへの対処法とは?

  • 最後に、どうにも手が付けられないイヤイヤが発動されたときにおススメの対処法をご紹介します。イヤイヤの原因によっては効果がないこともありますが、試してみる価値はあると思います。

  • 気持ちを別のことに向かせる

    最も簡単な対処法は、イヤイヤの対象になっている物事から注意をそらすように仕向けることです。例えば、夜にもかかわらず「公園に行きたい!」と癇癪を起している子どもに対しては、「ゼリーを食べようか?」などとまったく関係のない提案や問いかけをすることで、子どもの興味がそれてピタッと癇癪がやむことがあります。

  • 言葉にできない思いを言葉にしてあげる

    自分の思いをうまく言葉にできないために葛藤が強くなる子どもに対しては、代わってご両親が言葉にしてあげる方法もあります。例えば、「今は絵本が読みたくて、だけど眠たくなってしまって怒っているんだね」というように言葉にしてあげると、子どもはその言葉自体に注意がそれるとともに、内にたまった葛藤をイヤイヤで表現するという欲求が紛れたり、自分の思いを理解してくれたと受け止めたりして、徐々に気持ちが落ち着いていきます。

  • 回数を限定して付き合う

    イヤイヤの原因が多少無理をすれば解消してあげられることなら、回数を限定して付き合うことも一つの方法です。例えば、「ジャンケンで遊びたい!」と駄々をこねている子どもには、「今、ママはお料理をしているから、あと3回だけだよ」というように回数を限って付き合ってあげましょう。その上で、「お料理が終わったら、また一緒に遊ぼうね」というように近い将来の約束をしておくと、子どもは納得しやすく気持ちが和らいでいきます。

  • イヤイヤ期はほとんどの子どもがたどる正常な発達過程の一つです。激しい癇癪に心身が疲弊してしまうご両親も多いと思いますが、長い子育てライフ全体からみれば、イヤイヤ期はほんの一時のもの。必ず落ち着く時がきて、いずれ懐かしい笑い話になります。どうかくじけることなく、今回ご紹介した対処法を実践してみてください。また、特に子どもに付きっきりのママは無理を重ねることなく、家族や周囲の人に協力してもらいながら、わずかな時間でも育児から離れて気持ちをリフレッシュしてください。

  • 成田亜希子

    監修者プロフィール 成田亜希子
    2011年に医師免許取得後、臨床研修を経て一般内科医として勤務。その後、国立保健医療科学院や結核研究所での研修を修了し、保健所勤務の経験もあり。公衆衛生や感染症を中心として、介護行政、母子保健、精神福祉など幅広い分野に詳しい。日本内科学会、日本感染症学会、日本公衆衛生学会に所属。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事