出産のために早期入院が必要になったら?注意点や対処法とは
出産のために早期入院が必要になったら?注意点や対処法とは

2018/11/30

出産のために早期入院が必要になったら?注意点や対処法とは

ほとんどの場合、出産のためには当然入院をしなければなりません。
ドラマや映画などで、産気づいた妊婦さんが病院に運ばれていくのをみたことがあるかもしれませんが、通常は出産当日に入院をします。
ですが、場合によってはそれよりも早期に入院が必要となるケースも。

どんなケースの場合に入院が必要になるのか、実際に早期入院となってしまったときに気をつけておくべき注意点や対処法について、ご説明します。

監修者:大塚真紀(医師、医学博士)

早期入院が必要となる管理入院とは?

  • 普通、出産のための入院期間は、平均すると出産当日からおよそ1週間程度。もちろん、出産後にママや赤ちゃんに何らかの異常があった場合は入院日数が増えることもありますが、正常分娩の場合は出産当日か前日ぐらいに入院して、5日から7日で退院するというのが一般的です。

  • ところが、イレギュラーなケースとして、出産予定日を迎えるかなり前から早期入院しなければならない場合があります。これは「管理入院」と呼ばれ、出産を目前にした母体の健康状態を管理するために、計画的に入院するものです。医療者から管理入院が必要だと言われたら、早急に検討しなくてはなりません。家族への説明も必要ですし、いろいろと協力してもらわないといけないことも出てきます。

管理入院が必要となる主なケースは?

  • 管理入院が必要となるのは、どんな場合でしょうか。また、どの程度の期間、入院しなければならないのでしょうか。ここでは、よくある6つのケースを取りあげます。

  • 1. 多胎妊娠

    双子や三つ子など、多胎妊娠の場合は、早産リスクが高まりますし、妊娠高血圧症候群に代表されるような合併症になることも多いです。そのため妊娠してから8カ月ぐらいで管理入院を勧められることがあり、通常よりも2カ月ほど長く入院しないといけないことになります。

  • 2. 切迫早産

    切迫早産とは、早産になりそうな状態のことです。子宮が収縮したり子宮口が開いたりして、今にも赤ちゃんが出てきそうな状態。妊娠22週目から37週目までに起こる可能性があります。このような状態のときには出産までの間、管理入院が必要となり、お薬などで治療します。入院期間は妊婦さんの症状に依存、5日~3カ月とまちまちです。

  • 3. 切迫流産

    出血とお腹の痛みがあり、流産がすぐそこまで迫ってしまっている状態のことです。胎児は子宮内にとどまっているため、治療によって妊娠を継続させることも可能です。切迫流産は妊娠5週目から21週目までに発生する可能性があり、妊娠12週目未満で発生した場合は切迫早期流産、12週目~21週目までに発生した場合は切迫後期流産と呼ばれます。出血などが生じたときから出産までの間、厳重な管理のもとでの入院が必要となります。なお、入院期間はケースバイケースで変化します。短くすむ場合は1~2週間で退院できることもありますが、長くかかる場合は入院が数カ月に及ぶこともあります。

  • 4. 妊娠高血圧症候群

    妊娠時に高血圧を発症することを妊娠高血圧症候群と呼んでいます。妊娠高血圧症候群のなかでも、血圧と蛋白尿が正常ではない妊娠高血圧腎症の場合には管理入院になることが多いです。降圧剤投与などで治療し、安静にする必要があり、入院に要する期間は重症度に応じてケースバイケース。3カ月ほどに及ぶ場合もありますし、症状が急変した場合は入院してすぐに帝王切開になるということもあります。

  • 5. 子宮内胎児発育不全

    子宮内での胎児発育が、ある日を境に止まったり、遅くなったりするのが子宮内胎児発育不全です。未熟児として生まれてくる可能性が高く、母体の変化に対応できるように管理入院が必要となります。定期妊婦健診で発育が遅延ぎみと判明すると、入院を促されることがあります。入院期間は、病院の判断や症状によってさまざまですので一概には明言できませんが、妊娠後期に入る8カ月頃に何らかの判断がなされるケースが多いです。

  • 6. 早期破水

    早期破水とは、子宮口が全開しないのに破水してしまうことです。多くの場合は、妊娠9カ月以降に起きます。破水すると緊急入院となるケースがほとんどですが、症状が落ち着く場合もあり、そのときは一時退院できることもあります。

管理入院となった場合の対処法

  • それでは、管理入院となった場合はどのように対処したらよいでしょうか。ポイントは、以下の3点です。

  • まず、家族の生活のことを考えましょう。ママがいないことで不都合が生じることは避けられませんが、それをいかにフォローするのか家族みんなで話し合っておくことが大切です。食事の支度や洗濯といった基本的な家事や、幼稚園のお迎えなど、考えておくべきことをリストアップして整理するといいでしょう。

  • 2つめのポイントは、職場への報告と対応です。産前産後休業は通常だと14週までとなっていますが、それ以上の管理入院が必要となった場合は、有給休暇を使うなどして休みをとらないといけません。

  • 3つめにおさえておくべきなのは、管理入院が必要となるようなケースに備えて、妊娠前に保険に入っておくことです。妊娠してからの加入では、「特定部位の不担保」という条件が加わり、契約ができない場合もあるので十分に注意したいものです。

  • 早期に入院が必要となるケースは、誰の身にも起こり得ることです。だからこそ、管理入院が必要となったときに備えて、きちんと準備しておきたいもの。まずは、家族に相談して協力を得ることと、職場へきちんと事情を報告して休業期間などの相談をしておくことが必要です。管理入院は、母体と赤ちゃんの健康のために行うものですから、恐れることはありません。早めに準備して、余裕をもって出産に臨みましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事