【子育て方針別】子どもの習い事にかかる平均費用はいくら?
【子育て方針別】子どもの習い事にかかる平均費用はいくら?

2018/06/15

【子育て方針別】子どもの習い事にかかる平均費用はいくら?

amuelleではこれまで、子どもひとりを育てるのにいくら必要か、進学パターンによる学習費についてなど、子育てにかかる様々な費用についてご紹介してきました。
年齢や進学先によっても大きく変わる子育て費用ですが、さらに各家庭の子育て方針によっても変わります。

そこで今回は、子育て方針に注目して子育て費用の実情をご紹介します。
学習、文化芸術、運動それぞれに力を入れる場合にかかる金額について説明していますので、将来設計の参考にしてくださいね。

塾や家庭教師で勉強に力を入れる場合

  • 公立校の合併が進んでいることと併せて、ここ数年増加傾向にあるのが中学受験。そのために子どもを塾に通わせたり、家庭教師をつけたりする親も増えています。中学受験を考えていなくても、将来の高校入試を見据えて小学生のうちから勉強する習慣作りをしたいという方もいるでしょう。学習塾の場合は入会金や教材購入費、長期休暇期間中に行われる特別講習や合宿の費用など、月謝とは別に費用が発生することも珍しくありません。なお、文部科学省の調査*によると学習塾費の年間平均は下記のようになっています。

  • ・公立幼稚園 約6万2千円

    ・私立幼稚園 約6万8千円

    ・公立小学校 約15万1千円

    ・私立小学校 約32万円

    ・公立中学校 約29万4千円

    ・私立中学校 約26万2千円

    ・公立高等学校 約30万2千円

    ・私立高等学校 約39万4千円

  • 塾へ通わせるタイミングや目的によってかかる費用は変わってきますので、上記の金額はあくまでも目安として考えましょう。

文化芸術系の習い事に力を入れる場合

  • 近年は勉強に力を入れる家庭が増えているとはいえ、それ以外で子どもに習い事をさせたいと考える方も多いでしょう。特に女児に多くみられるのは文化芸術系の習い事です。教育研究機関の調査によると、楽器、絵画、音楽教室、合唱などを習わせている家庭が多いとのこと。内容や教室によってその費用は様々で、楽器のレッスンや音楽教室の月謝は月5千円~1万円程度が目安。月謝の他にも発表会やコンクールの費用が発生することもあります。世帯年収と基本の教育費などを考慮したうえで、複数の教室に問い合わせるなどして決めても良いでしょう。

運動系の習い事に力を入れる場合

  • 運動系の習い事は小学生の間に通わせる家庭が多く、教育研究機関の調査によれば、小学生の場合は平均で月5千円程度の費用をかけているようです。最も人気があるのはスイミング。体力作りや小学校入学前の準備として取り入れる家庭も多いでしょう。次いで人気があるのが男児はサッカー、女児は体操教室です。スイミングは比較的リーズナブルな教室が多く、月5千円程度が目安。サッカーの場合はクラブチームなのか地域のチームなのかによって金額が変わりますし、遠征やキャンプの有無によっても負担する費用が異なります。また、こうした運動系の習い事では既定のユニフォームやバッグなどを購入しなければならない場合もあり、想定外に費用がかさむという声も。実際に子どもを通わせている先輩ママや各教室に、年間でどの程度の負担があるのか聞いてみても良いでしょう。

  • 子どもにどう育ってほしいか、何を学ばせたいかなど、各家庭の方針によっても大きく異なる子育て費用。習い事にはそれなりの費用がかかることも多く、子どもの特性や希望も把握しつつ世帯年収も考慮して決めると良いでしょう。教室の運営母体によって月謝は様々ですし、発表会や遠征といった通常とは異なる活動による費用がかかることもあり、一概にいくら必要かは断言できません。近隣の教室に問い合わせたり、先輩ママに聞いてみたりして、実際にどの程度の負担が発生するのか調べてみてくださいね。そのうえでおおよその目安をもとに将来設計をして出費に備えましょう!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事