職場復帰への不安を解消するには?覚えておきたいポイント
職場復帰への不安を解消するには?覚えておきたいポイント

2018/01/19

職場復帰への不安を解消するには?覚えておきたいポイント

働きながら妊活していると、出産後スムーズに職場復帰できるか不安になりますよね。
妊活・妊娠中はなるべくストレスなく過ごしたいでしょうし、不安要素は早めに取り除くのがベストです。
職場復帰に向けて準備しておくことのポイントは大きく分けて3つあります。
まず1つ目は家族と話すべきこと。
2つ目は職場に話しておくべきこと。
そして3つ目が、自分自身がすべきことです。
安心して妊活に取り組むためにも、スムーズな職場復帰にはどのような準備が必要か知っておきましょう!

家族と話しておくべきこと

  • 仕事に加えて毎日の家事育児をママひとりでこなすのは、体力的にも精神的にも大変なこと。出産後の職場復帰にあたって、家族の協力は欠かせません。配偶者やご両親などと十分に話をしないまま職場復帰すると、家庭内トラブルの原因となることも。事前にしっかり話しておきましょう。特に、家事育児の分担や、子どもが病気になった時の対応について話すことが重要です。日常の家事育児について男性は、いざ協力しようと思っても何をしたらいいかわからない場合が多いです。具体的に何をしてくれると助かるのか伝えてみてください。また、子どもが病気の際、毎回ママが早退や欠勤をするわけにもいかないでしょう。両親に協力を頼めるのか、配偶者の職場に理解を得られるのか、事前に確認しておくと安心です。もう1つ話しておくべきなのは、いつ頃職場復帰したいのか、希望のタイミングについて。子育てや仕事への価値観は夫婦や親子でも違うものです。ママの考えだけで勝手にタイミングを決めると、復帰直前になってもめる可能性があります。前もって話し合い、協力してもらいやすい環境を整えましょう。

職場と話しておくべきこと

  • 職場復帰するにあたって家族の協力と同じくらい、職場環境が重要になってきます。いざ復帰したときに「こんなはずじゃなかった」と思わなくていいように、職場ともしっかり話しておきましょう。社会全体の理解が少しずつ進んできたものの、企業によっては前例がないこともあるでしょう。その場合、企業側もどのように対応するのがベストなのかわからない可能性も。前もって希望を伝えれば、出産まで時間をかけて企業と一緒に準備することができますよ。まずは、復帰後もフルタイムで働くのか、時短・パート勤務を希望するのか、出産後のキャリアをどう考えているかを伝えましょう。また、ポストや勤務地についての相談もしておくことをおすすめします。企業側は良かれと思って復帰後に配置替えを行うことがあります。産後も今と変わらないポスト・勤務地で働きたいと考えているなら早めに伝えておきましょう。これらのことを話す際、家族にどの程度協力してもらえるのか、仕事への影響がどの程度予想されるかを一緒に伝えることが大切です。企業側もあなたの復帰後をイメージしやすくなります。

自分自身が準備すべきこと

  • 出産後に職場復帰する際は、周囲だけじゃなくもちろん自分自身の準備も必要です。しばらく仕事を離れるので、復帰が近づいてきたら仕事に必要な知識の再確認を行うのがおすすめ。スムーズに仕事を再開できるように備えておきましょう。また、育児だけに専念できていた休業中とは生活スタイルを変える必要があります。家事をどう効率よく行うか考えたり、常備菜を作り置きする習慣をつけたりして、復帰後の生活スタイルをイメージしておきましょう。

  • 職場復帰に向けての不安は、周囲ときちんと話をしたり、自分がすべきことを確認するだけでもずいぶん解消できます。妊活・妊娠中に余計なストレスを抱えなくていいよう、あらかじめ備えておきたいもの。子育てと仕事を両立するために欠かせないのはなんと言っても家族の協力です。まずは配偶者やご両親としっかり話し、価値観の違いで復帰後に家庭内トラブルを引き起こさないようにしましょう。同じくらい重要なのは職場環境。復帰後無理なく育児との両立ができる環境を整えるためにも、職場の理解を得ておく必要があります。あなたの希望や家庭の状況を伝えることで、企業側が復帰後をイメージできるようにしてください。家族や職場に理解を得たら、あなた自身が育休中にすべきことを確認するのも忘れずに。仕事に必要な知識の再確認や、復帰後の生活スタイルを考えておくようにしましょう。不安を解消し、安心して妊活ライフを送ってくださいね。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事