結婚式のお呼ばれゲストのヘアアクセサリー(髪飾り)で失敗しないマナーは?
結婚式のお呼ばれゲストのヘアアクセサリー(髪飾り)で失敗しないマナーは?
公開日 2019/02/27
更新日 2019/02/27

結婚式のお呼ばれゲストのヘアアクセサリー(髪飾り)で失敗しないマナーは?

結婚式場の雰囲気を華やかに盛り上げるなら、新郎新婦だけでなく、参列するゲストのドレスアップも重要です。素敵なドレスを纏ったら、ヘアスタイルも手を抜くわけにはいきません。女性なら、ヘアスタイルにぴったりなヘアアクセサリー(髪飾り)のチョイスも、気合を入れたいところ。
ですが、ヘアアクセサリー選びを失敗してしまうと、「実はマナー違反だった……」ということにもなりかねません。

今回は、結婚式のお呼ばれゲストがヘアアクセサリーを選ぶ場合、気を付けておくべきマナーについて解説します。また、おすすめのヘアアクセサリーや賢い選び方もご紹介します。

お呼ばれでのNGヘアアクセサリーは?

  • 結婚式にドレスアップして参列するときは、誰でも気持ちがウキウキするはず。張り切っておしゃれをしたいところですが、フォーマルな場にふさわしい格好が求められます。気づかないうちにマナー違反をして、せっかくのお祝いの場に水を差すような行為は避けたいものです。

    ゲストが避けたほうが良いヘアアクセサリー(髪飾り)はあるのでしょうか。マナーを守り、ドレスに合ったヘアアクセサリーで、結婚式に華を添えましょう。

  • - 花嫁より目立たないようなものがOK

    お呼ばれゲストのヘアアクセサリーは、

    ・花嫁を引き立てる

    ・会場の雰囲気を華やかに盛り上げる

    という2点を意識して選びましょう。

    結婚式では「花嫁が主役」が基本です。花嫁より「豪華だった」「目立っていた」なんてことにならないよう、ゲストの配慮が必要になります。

避けたほうが良いヘアアクセサリーはズバリ「お花」

  • 結婚式のお呼ばれゲストのNGヘアアクセサリーにはどのようなものがあるのか、具体的にみていきましょう。

    まず、生花の花飾りは結婚式の主役である花嫁だけの特権。そのためゲストが花の髪飾りを身につけるのはNGです。

    「造花なら問題ない」と考える人もいるかもしれませんが、「モチーフに花を使うことに抵抗を感じる」という人もいるので、造花のヘアアクセサリーも避けたほうが無難でしょう。ドレスやジャケットに「花」のコサージュをつけるのは特に問題ありません。また、「花」に限らず大きなヘアアクセサリーは、他のゲストの視界を遮り不快な思いをさせてしまう可能性があることも覚えておきましょう。

  • - 花嫁が選びそうなヘアアクセサリーも避けたほうが良い

    花嫁が選びそうなヘアアクセサリーを避けるのも、ゲストの気遣いとして必要です。

    生花と並ぶ花嫁の代表的なヘアアクセサリーは、ティアラです。ティアラも花嫁だけに許されたヘアアクセサリー。そのためゲストが身につけることはNGです。

    また、カチューシャにも注意してください。キラキラした立体的なカチューシャは、ティアラのように見えてしまう可能性もあります。カチューシャは、近年、花嫁のヘアアクセサリーとして人気のヘッドドレスとよく似たデザインのものもあるため、カチューシャの使用は極力避けたほうが賢明でしょう。

  • - お花を使用したい場合は小さなものを選ぶ

    「お呼ばれゲストは花モチーフのヘアアクセサリーを控えることがマナー」と前述しましたが、「花モチーフのものしか持っていない」という場合もあるでしょう。どうしても「花」を身につけたい場合は、小さな花モチーフのものをアップヘアに散らすなど控えめなアレンジを意識して。

おすすめのヘアアクセサリー

  • 花嫁より目立ってはいけないけれど、結婚式場に華を添えるのも、女性ゲストの大切な役目です。では、素敵なスタイルで新郎新婦を祝福するためには、どのようなヘアアクセサリーを選べば良いのでしょうか。

    マナー違反にならないおすすめのヘアアクセサリーをいくつかご紹介します。

  • - 花嫁にもかぶらない無難なヘアアクセサリーを紹介

    パールのコームやクリップは、季節やトレンドに左右されず、お呼ばれゲストのヘアアクセサリーに相応しい定番アイテム。ヘアアレンジが苦手な人も、パールのついたコームやクリップなどでまとめるだけで品のある華やかさを演出できます。派手になりすぎない上品な輝きがパールの魅力です。

  • 会場の照明の光を拾い、キラキラと輝くラインストーンやビジューがついたバレッタも存在感を発揮します。派手なものやカジュアルすぎるものは避け、小ぶりな品の良いものをセレクトしましょう。

  • アクセサリーの色はドレスにあわせても良いですが、シルバーはシャープな印象を与えてくれるので、大人っぽい落ち着いたカラーのドレスに良く合います。

  • 華やかで元気なイメージを出したいならゴールドがおすすめ。優しい輝きのピンクゴールドのものを選ぶと、女性らしくエレガントな印象を与えることができます。

  • ヘアアクセサリーは結婚式の雰囲気を盛り上げるのに一役買いますが、選び方を間違えてしまうと白い目で見られることも……。花モチーフのものや、花嫁が身につけそうなティアラなどのヘアアクセサリーは避けましょう。お呼ばれゲストとしてどのようなヘアアクセサリーが適切であるか、最低限のマナーは心得ておきたいものです。結婚式はフォーマルな場なので、ドレスはもちろん、髪型やヘアアクセサリーも相応しいものを選んで、上手にオシャレを楽しみたいですね。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事