挙式費用だけじゃない!結婚前後で必要な“意外なお金”とは?
挙式費用だけじゃない!結婚前後で必要な“意外なお金”とは?

2018/10/05

挙式費用だけじゃない!結婚前後で必要な“意外なお金”とは?

結婚前後は何かとお金がかかりますよね。
挙式、引っ越し、新婚旅行の費用など、短期間のうちに多額の出費があります。
しかし、そんな中でも忘れてはならないのが挙式前後にかかる「意外なお金」です。小さな出費も積もり積もると、思いのほか高額になることも。
うっかり「お金が足りなくなった!」ということがないように、細かい点もきちんと押さえておきましょう!

こちらでは、結婚前後にかかる忘れがちな出費をご紹介します。

結婚費用はいくらかかるもの?

  • そもそも一般的な結婚費用はどれくらいでしょうか?ここ数年の調査では、婚約~新婚旅行までの費用の総額は平均484.2万円という結果となっています(引用元:ゼクシィ結婚トレンド調査2017)。ここには結納、両家顔合わせ、挙式、披露宴にかかる費用も含まれています。

    さらに新生活準備にかかる費用の平均は、72.3万円でした(引用元:ゼクシィ新生活準備調査2016)。つまりいざ結婚しようと思ったら、新婚生活をスタートさせるまでにざっくり550万円ほどの出費があるのです。「結婚式費用の詳しい内訳が知りたい方は、併せてこちらの記事(気になる結婚費用の相場。男女の負担割合金額についてのあれこれ)も見てみましょう!

    そして今回ご紹介する、見落としがちな「意外なお金」も忘れてはいけませんよ。

結婚前にかかる意外な費用

  • 結婚前は「挨拶代」や「打合せ代」が意外とかさみます。人と会う機会が多く、洋服代、交通費、手土産代、食事代などがその都度必要です。

    具体例として、以下の費用をチェックしていきましょう。

  • 彼の実家訪問では洋服代がかさむ?

    「結婚する!」と決まったら、まずは両親への挨拶・紹介が欠かせません。手土産はもちろん、女性の場合は洋服選びも重要です。「カジュアルすぎず、でも堅苦しくないものを……」と思うと、新調することになるかもしれません。「これを機にネイルやヘアカラーも落ち着いた色味に!」と思ったら出費はどんどん増えていきます。

    もちろん、彼のご両親とは1回会って終了ではありません。結婚式の打ち合わせなどで頻繁に会うことを考えると、背伸びしすぎない装いを心がけたいですね。

  • 結婚式前はほぼ毎週?ゲストとの交際費

    久々に会う友人・知人を結婚式に招待する場合は、事前に食事の席を設けるとスマートです。一方、仲のいい友人にも「女子会」で直接報告したいですよね。結婚式前の1か月間は各ゲストとの約束でスケジュールがびっしりな場合が多いです。そうなると食事代、移動費もかさみます。

    また、披露宴での余興や2次会の幹事をお願いする友人とも、頻繁な打ち合わせが必要です。打ち合わせは自宅で行うなどすれば節約はできますが、ただでさえ忙しいこの時期、来客準備の負担を考えると無理は禁物です。

  • 結婚前からお付き合いは始まっている!親戚との交流代

    結婚式の準備期間にお盆や正月が重なった場合、お互いの実家に帰省するカップルが多いようです。「せっかくだから親戚に紹介」ともなると、手土産を渡したり、後日お礼の品を贈ったり……。結婚を機に家族や親戚との交流が一気に増えるするケースも多いものです。「うちは親戚付き合いがドライだから」なんて彼の言葉はアテにならないかもしれませんよ?

婚姻&結婚後にかかる意外な費用

  • 続いて、婚姻時、そして結婚後にかかる意外な費用をご紹介します。

  • いよいよ婚姻!両親以外を証人にする人は要チェック

    婚姻届けの「証人欄」は両親に署名を頼む人が多いようですが、中には友人や恩師に書いてもらう人もいます。婚姻届けの記入といえば喜びと緊張が湧き起こる瞬間。「そこらへんで適当に書いて」なんて言いたくありませんよね!となると、レストランを予約したり、自宅に招いたりといった手配が必要で、食事代やお礼の品代がかかります。

  • まだまだある!結婚後の「お礼代」

    式も終わり、婚姻届けも無事提出。晴れて夫婦になった!と喜びも束の間、こんどは怒涛の「お礼」回りがスタートです。以下の出費も忘れてはいけません。

  • ・式に参加せず、ご祝儀をくれた人への内祝い代

    ・式の当日に祝電やプレゼントをくれた人への内祝い代

    ・職場へのお礼、新婚旅行のお土産代

  • お礼の品を直接渡すとなると、またもや食事代・交通費がかかります。懐具合が厳しい……とは思っても、2人の門出を祝福してくれた大切な人たちだから、お礼はしっかりしたいものです。

  • 結婚前後は何かとお金がかかる時期。知らぬ間に貯金が底をつきる……なんてことがないように、事前に出費の予測を立てておきましょう。また、お金をどのように管理するかも重要なポイントです。早め早めに計画しておけば、切り詰めるべきところは切り詰めて乗り切れるはず。お金と心の準備を万全に、幸せな門出を迎えてくださいね!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事