キャリア女子が意識したい、結婚後も仕事を続けるために大切なこと
キャリア女子が意識したい、結婚後も仕事を続けるために大切なこと

2018/09/10

キャリア女子が意識したい、結婚後も仕事を続けるために大切なこと

以前は、結婚を機に仕事を辞める女性も多くいましたが、現在は女性の社会進出も進み、結婚後も引き続き仕事をしたいと考える女性が増えています。
しかし、家のことや出産・子育てのことを考えると、本当に仕事を続けていけるのか、不安に感じることも多々あるでしょう。

そこで今回は、結婚しても今の仕事を続ける場合や、転職を考える場合に押さえておきたいポイントをご紹介します。
転職する場合のメリット・デメリットや、仕事を続けるにあたっての心構えも含めてお伝えしますので、結婚後のキャリアプランを考える上でのヒントが見つかるはずですよ。

今の仕事は続けられる?

  • 結婚をしてもキャリアを途切れさせることなく今の仕事を続けていくためには、結婚後の生活の変化を想定しながら、自分に合った働き方を探していくことが大切です。結婚して早い段階で子どもを望んでいる人や、ワークライフバランスを重視したい人は、フルタイムのまま仕事を続けるのが難しい可能性もあります。その場合は、雇用形態を変更することを検討しておいた方が良いでしょう。現在は、時短(短時間)勤務などの制度が設けられている企業も多いため、会社の規定などをあらかじめ確認しておくことで、子育てが始まってからのワークライフにも備えられます。ぜひ自分に合った働き方を見つけていってください。

結婚前に転職する場合のメリット・デメリット

  • 結婚後に希望する働き方や生活スタイルによっては、現在の職場が合わないと感じる人もいるかもしれません。その場合に、選択肢に上がってくるのが転職です。結婚前に転職する場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

  • まず、結婚前に転職するメリットとしては、結婚後の自分の都合に合わせて転職先が選べる点が挙げられます。結婚して新居を構える予定があるなら、通いやすい距離にある職場をあらかじめ選べますし、時短勤務などの制度がある職場を探しておけば、制度を利用することで家庭と仕事の両立もしやすくなります。また、より若い年齢で転職活動を行う方が、ポテンシャルを見込んで採用される確率が高くなるメリットもあります。

  • 一方、残業が少なく休みも取りやすいことなどを条件に転職先を選ぶ場合は、転職前よりも収入がダウンしてしまうケースもあります。正社員から派遣やパートタイムの仕事に転職する場合も同様です。そのため、結婚後の経済状況も考えながら、どの条件を優先させるのかをあらかじめ決めておくと良いでしょう。また、転職してすぐに産休を取るのが難しい場合も多いので、近い将来に子どもを望んでいる人は注意しましょう。

  • また、転職先を探す際は、勤務時間などの条件に加えて、既婚女性の勤務実績があるかどうかも確認しておくと安心です。「思っていた職場環境とは違った」ということがないよう、慎重に転職活動を行いたいものですね。

結婚後も仕事を続けるための心構え

  • 結婚前は自分の将来について不安に感じることも多いですが、まずは自分のキャリアを長期的に考え、家庭と仕事の両立における問題を一つずつあせらず乗り越えていく姿勢を持ちましょう。「社会人としても、妻・母としてもパーフェクトに」と完璧主義になりすぎると、自分の首を絞めてしまうことになりかねません。夫の理解を得ながら家事の分担を行い、職場でも上手に他の人を頼ったり相談したりできる関係作りができれば、家庭と仕事の両立もうまくいくでしょう。

  • 結婚後も仕事を継続したいと望んでいる女性の多くは、強い不安を感じているもの。しかし、共働きを選択することで経済的にも精神的にもゆとりが生まれ、自分の生活に対する満足度が上がるといったメリットがあります。経済的な事情や仕事にやりがいを感じている場合など、仕事を続ける理由はさまざまですが、いずれにせよ自分自身が何をしたいのか、どうなりたいのか、という気持ちを大切にしたいですね。長期的な視点を持ち自分に合った働き方を見つけて、家庭と仕事の両立を目指しましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事