結婚式の費用はどれぐらい?会場や人数、挙式サービスで比較して
結婚式の費用はどれぐらい?会場や人数、挙式サービスで比較して

2018/07/31

結婚式の費用はどれぐらい?会場や人数、挙式サービスで比較して

「大切なパートナーと近い将来に結婚を」と考え始めたとき、気になるのが結婚式にかかる費用ですよね。
理想の結婚式を実現させるにはいくら必要なのか、今の貯蓄で賄えるのか、両親からの援助が必要なのか、節約できる部分があるのか、など多くの疑問を抱くでしょう。

そこで今回は結婚式の費用について詳しくご説明します!
総額の相場や、会場ごとの予算相場やメリット、結婚式に費用をかけたくない方向けのさまざまなサービスまでご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚式費用の相場は?

  • さまざまな結婚情報サイトの調査の結果によると、結婚式にかかった費用総額の相場は300~350万円ほど。しかし結婚式の費用は、会場や人数、挙式内容によって大きく異なります。相場よりはるかに安い金額で結婚式を挙げる方もいれば、とことんお金をかける方も。相場を目安に貯蓄するのもいいですが、まずは自分たちがどのような結婚式を望んでいるのかを話し合うといいでしょう。また、それぞれの両親から費用を援助してもらえるのかも確認しておくと安心ですね。

専門式場と各種会場・人数による費用の違い

  • 先述したように、結婚式の費用は会場や人数によって大きく変わります。例えば、細やかなおもてなしが受けられるホテルはサービス料が高かったり、貸切にすることが多いゲストハウスウェディングは会場使用料が高かったり、それぞれの会場で違いがあります。また、招待する人数が少ないと全体的な費用は抑えられますが、一人あたりの単価は上がる可能性が。逆に人数が増えれば総額は上がっても単価でみるとお得になることもあります。違いやメリットを把握してプランを検討しましょう。

    また、結婚式は式場へ支払う費用の他にも下記のようなさまざまな費用が発生します。

  • ・挨拶や受付をしてくれる方への謝礼

    ・遠方から出席する親戚などへの交通費、宿泊費

    ・会場スタッフへの心づけ

    ・映像、ウェルカムグッズ、ペーパーアイテムなどの外注(材料)費

    ・新婦のエステ代 など

  • 式場の費用見積もりには何が含まれているのか、自分で用意するものにはいくらかかるのかまで把握しておきましょう。

  • 専門式場でかかる結婚式費用

    専門式場で挙式・披露宴をする際の平均金額は約260万円。この中にはおおよそ下記のような費用が含まれています。

  • ・会場費

    ・飲食費

    ・衣装代

    ・ヘアメイク料

    ・演出費

    ・室内装飾(装花)費

    ・ペーパーアイテム代

    ・映像制作費

    ・音響費

  • これ以外にも費用がかかることもありますし、逆に全ての専門式場でこれらの費用が含まれているわけではありません。どこまで含まれているかは直接問い合わせて確認しましょう。

    専門式場を利用するメリットとしては、ウェディングのプロ集団がサポートしてくれることが挙げられます。専門式場にいるのは婚礼専門のスタッフなので、豊富な知識によるサポートが期待できるでしょう。また、挙式場と披露宴会場が同じ敷地内や隣接する場所にあるのも専門式場の大きなメリット。

    専門式場は複数の披露宴会場を持っていることが多く、少人数から大人数まで希望人数に合わせた利用ができる可能性が高いです。対応可能人数は式場によって異なりますので、詳細は式場にお尋ねください。

  • 会場別の特徴(メリット)

    専門式場以外にも、さまざまな会場で挙式は可能です。それぞれの特徴を見てみましょう。

  • ・レストラン 平均金額約195万円

    料理にこだわりたい方やアットホームな結婚式をしたい人におすすめです。店舗の規模により人数の幅はありますが、30名前後のプランを提示しているレストランが多いようです。

  • ・ホテル 平均金額約260万円

    遠方からの出席者が多い場合、会場と宿泊先を同じ場所にできるメリットがあります。また、多くのホテルでは大人数への対応が可能です。

  • ・ゲストハウス 平均金額約320万円

    基本的に貸切となるため、新郎新婦もゲストも気兼ねなく楽しむことができます。10人未満の少人数向けから100人以上の大人数向けまで、会場規模によってプランはさまざまです。

さまざまな挙式サービス

  • 最近は結婚式に費用をかけないスタイルも増えてきて、下記のようにさまざまな挙式サービスが見られるようになりました。

  • ・身内だけを招待する小規模結婚式

    10名前後で小さな会場を利用した挙式サービス。多くの会場で同様のプランが出されています。身内だけだからこその温かみも感じられるでしょう。

  • ・二人だけで海外ウェディング

    新郎新婦だけで新婚旅行を兼ねた海外ウェディングというサービスも!旅行会社などで全てまとめて手配してくれるので、その手軽さも嬉しいですね。

  • ・会費制結婚パーティー

    ゲストに気軽に参加してもらいやすい会費制パーティーのサービスを提供している式場もあります。パーティーとなる分、披露宴よりもカジュアルで、費用も抑えやすいでしょう。

  • 場合によっては挙式をせずにフォトウェディングという選択肢も。式場で撮影できるプランもたくさんあるので、挙式はしなくていいけど雰囲気は味わいたい場合にはおすすめですよ。

  • ご紹介した通り、結婚式にかかる費用は会場・人数・挙式スタイルによって大幅に変わります。どこでどんな挙式がしたいのか、パートナーと話し合うことからスタートしましょう。また、各会場ごとにさまざまな特徴があるので、その違いを知っておくことも大切です。結婚式は式場に支払う金額以外にも色んな費用がかかります。見積もりを取るときは、何が含まれているのか、自分で用意するものは何かを確認しておきましょう。最近では結婚式の費用を抑えるさまざまなサービスも普及しているので、予算があまりない方はそちらも参考にしてみては?

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事