家事分担はスタート時が肝心!仕事で忙しい男性との分担法
家事分担はスタート時が肝心!仕事で忙しい男性との分担法

2018/03/12

家事分担はスタート時が肝心!仕事で忙しい男性との分担法

結婚して夫婦となったとき、生活を共にするうえで、家事の分担は大きな問題です。
共働きの場合はお互い仕事で忙しく、家事に手が回らないことも多いですよね。
夫婦平等といわれる現代ですが、家事が苦手な男性の場合、すんなりとはいきません。
夫に家事をやってもらうにはどうすればいいのでしょうか?
こちらでは仕事と家事を両立するための方法や、忙しい男性と協力して家事を行うためのポイントをご紹介します。

夫婦の家事分担……我が家はどうする?

  • 家事分担のスタイルは、家庭によってさまざまです。男性側・女性側の働き方はもちろん、それぞれの家事スキルによっても異なります。共働き家庭の場合、何らかの形で家事を分担する夫婦が多いようです。しかし、妻がパート社員や専業主婦の場合、夫は一切家のことをやらず、家事は全面的に女性側の仕事になっているケースも少なくありません。

    家計の主な担い手である夫が仕事で忙しい場合、家の中のことは妻だけで行う。自然な流れかもしれませんが、家事を妻だけで行う場合、将来的にさまざまな問題が生じる可能性があります。

  • ・家事は100%妻が担当、は危険!

    夫は仕事、妻は家事、という分業制でうまくいっている家庭も一定数あるため、必ずしも悪い方法ではありません。とはいえ、妻の出産や病気などを想定して、妻がパート社員か専業主婦であっても、夫婦で家事分担をした方が安全です。特に、将来的に妻の社会復帰を希望している場合、夫婦での家事分担は必須。夫が一切家事をしない・できない状態では、妻の働き方が制限される恐れがあるでしょう。

忙しい男性を家事メンにするための3つの方法

  • 働き続けるために、あるいは、将来働きに出ることを見据えて夫婦で家事を分担したい。こんな風に考えている女性の場合、夫に協力態勢を要請することが重要です。夫を家事メンにするための方法をご紹介します。

  • 家事分担はスタートが肝心

    結婚後も共働きを希望しているから、夫も家事をやってくれるはず。独身時代にこのように思っていたのに「実際は違った!」と落胆する声は後を絶ちません。日本ではまだまだ「家事=女性がやるもの」という価値観が根強く、男性側も漠然と「結婚したら家事は妻がやってくれるもの」と思い込んでいるケースがあります。

    さらに、夫婦で家事分担をするとはいっても男性側に家事スキルがなければ、結果的に妻が大半の家事を担うことになってしまいます。夫の自主性に任せていると、家電のスイッチを押すだけで役目終了ということにもなりかねません!

    結婚当初から積極的に家事を分担し「家のことは夫婦で協力してやるもの」という価値観を定着させることが大切です。

  • ガッツリ型?コツコツ型?戦略を立てよう!

    夫を家事メンにするためには戦略も重要です。「夫にも家事をやってもらいたい」という気持ちだけが先走っても、実際に夫が行動に移さなければ、ストレスが溜まってしまいますよね。家事分担の戦略は、夫婦の状況に合わせて次の2パターンを検討しましょう。

  • ・<ガッツリ分担型>共働き、夫は家事ができる人

    妻もフルタイムで働いている場合、あるいは夫が一通りの家事をできる場合は、結婚当初からきっちり分担しましょう。「平日に仕事で疲れた夫が、担当の家事をやってくれない!」など、いざやってみると理想通りにはいかないこともあるでしょうが、それも想定内。夫も家事を「やる前提」で結婚生活に臨みましょう。

  • ・<コツコツ分担型>専業・パート、夫は家事ができない人

    夫の方が仕事の比重が大きい家庭や、夫に家事スキルが少ないケースでは、少しずつ分担していく方法がおすすめです。まずは洗濯物を取り込む、食器を洗う、など高頻度で単純な家事から頼んでいきましょう。自分でやるより時間がかかったり、夫がなかなか家事に着手してくれなくても、我慢我慢。先回りして済ませてしまうと台無しです。少しずつ頼めることを増やしていきましょう。

定期的にガス抜きを

  • 毎日家事や仕事に追われて忙しいと、夫婦ともに疲れ切ってしまい、喧嘩やすれ違いなども起こりやすくなります。男性はもちろん、女性もときには家事を休むことも大切です。

  • ・思い切って家事をサボる

    食事を外食やお惣菜で済ませる、家事代行サービスを利用して掃除をしてもらうなど、家事をしなくていい時間を作りましょう。夫婦で旅行に行って、思いっきり羽を伸ばすのもいいですね。

  • ・感謝の気持ちを伝える

    忙しいのは夫婦どちらも一緒。そうはいっても、相手に感謝の気持ちを伝えて、労うことが大切です。休日や記念日など、定期的に感謝の気持ちを伝えましょう。

  • 日々生活していくうえで、掃除や洗濯などの家事は欠くことができない仕事です。家事分担は夫婦仲にも大きな影響を与える、重要な問題。どちらか一方に家事の負担が偏ると、イライラの原因にもなります。お互いにとって心地よいスタイルを見つけるためにも、まずは二人で試行錯誤することが大切です。忙しい時期に家事が溜まってしまったら、家事代行サービスを利用するなど、思い切って家事を休んでもよいでしょう。夫婦で協力して、家事に取り組んでくださいね!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事