結婚が決まったら!両家顔合わせの食事会に向けての準備
結婚が決まったら!両家顔合わせの食事会に向けての準備

2018/01/19

結婚が決まったら!両家顔合わせの食事会に向けての準備

結婚が決まったら、両家が顔を合わせ、親睦を深めるための食事会を行います。
食事会は結納の代わりに行ったり、結納と組み合わせるケースもありますが、両家が納得する形で行いたいもの。
しかし、初めてのことなのでどのように準備したらいいのか、当日はどのような流れで進むのか分からないと不安な方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、顔合わせ食事会の段取りやマナーについてご説明します。
両家が良い関係を築けて、素敵な思い出に残るよう、大事なポイントを押さえながら準備に取り掛かってくださいね。

顔合わせ食事会当日までにすること

  • 顔合わせ食事会までに、日程、場所はもちろんですが、結婚記念品、当日の話題なども準備しておきましょう。

  • 【日程】

    顔合わせ3か月前には両親のスケジュールを聞いて日時を決め、事前に場所の下見をしましょう。結婚式を挙げるなら、5~6か月前に食事会を行えるように日程を調整します。

  • 【場所】

    料亭やレストラン、ホテル、女性側の家などを選びましょう。格式のある料亭やレストランを選ぶカップルが多く、雰囲気のいい場所が人気です。最近は、結婚式場の下見を兼ねて式場のレストランで行うケースもあります。予約するときは個室を選び、料理のジャンルはどんなものでもかまいませんが、じっくり会食を楽しめるようコース料理を選びましょう。

  • 【結婚記念品】

    男性は婚約指輪を用意しましょう。女性からは指輪のお返しとしてスーツのお仕立て券などを結婚記念品として用意することもあります。また、結婚記念品の代わりに結納金を準備する場合もあります。カップルでよく話し合って決めてください。当日、結婚記念品は会食の場に持っていき、両親に見せると喜ばれますよ。

  • 【話題】

    なごやかな雰囲気で食事会ができるよう、あらかじめ話題を準備しておくと会話に困りません。顔合わせ食事会は両家の親も緊張するものです。会話が途切れたりしないよう、ふたりの子ども時代や結婚式準備の話、旅行や趣味の話などをして緊張をほぐしましょう。

食事会当日の流れ

  • 顔合わせ食事会の当日は、次のように進行します。

  • ①男性の父からあいさつ

    ②両家がそれぞれ自分の家族を紹介

    ③記念品の交換

    ④よろしくのあいさつの後、乾杯

    ⑤食事と歓談

    ⑥記念撮影

    ⑦男性の父が締めのあいさつ

  • 父親がいない場合は母親があいさつをします。乾杯の前には、両家がそれぞれ末永いお付き合いをよろしくお願いしますという形であいさつをしましょう。進行は男性の父親が行いますが、堅苦しくなるようであれば男性本人がしてもかまいません。顔合わせ食事会は両家の親睦が目的なので、あまり形式張る必要はないです。始終、両家がリラックスしたムードで楽しめるよう心配りしましょう。

食事会の予算やマナー

  • 食事会の服装は、男性はスーツ、女性はワンピースなどセミフォーマルな装いが一般的です。

  • 当日の席順は、入口から最も奥の席に男性の父親が座るようにし、その隣に母親、その隣に男性本人が座ります。男性の父親の正面には女性の父親が、母親の正面には女性の母親が座りましょう。入口に最も近い席に女性本人が座ります。

  • 食事会の平均予算は6万3000円と言われています。顔合わせ食事会の費用は、ふたりで支払うか両家で折半するのか、あらかじめ決めておきましょう。折半する場合は、当日の支払いを誰がまとめて行うかなど詳細まで決める必要があります。両家がそれぞれ異なる場所から集まる場合は、菓子折りなど手土産があるといいでしょう。同じ地域の場合は不要ですが、手土産を準備する場合は片方だけが準備していたということがないよう、気を付けてください。

  • 結婚が決まると、結婚式や新居の準備など慣れないイベントが盛りだくさんです。その中でも両家の食事会は、お互いの親が顔合わせする大事なイベント。セレモニー感を演出しつつ、一生の思い出に残るよう、きちんと準備しておきましょう。食事会当日は、皆がリラックスしながら良い関係を築くことができるよう積極的に話題を振ってください。楽しいひとときを味わい、改めてきちんとしたあいさつができれば、両親も喜んでくれるはずです。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事