知っているようで知らない?ご祝儀袋の書き方・包み方
知っているようで知らない?ご祝儀袋の書き方・包み方

2018/01/19

知っているようで知らない?ご祝儀袋の書き方・包み方

友人や知人から結婚の知らせを受けたら結婚祝いを準備しますよね。
結婚祝いにご祝儀を贈る場合、ご祝儀袋の書き方が分からず、戸惑ったこともあるのではないでしょうか。
名前や金額の書き方、そしてお金の包み方など、ご祝儀袋には複数のルールがあり、間違った方法では失礼にあたる場合も。
ご祝儀袋の書き方やルールは複雑だと思われがちですが、いくつかのポイントを覚えておけば心配ありません。
大人女子として、結婚祝いのマナーを知っておきましょう!

結婚祝いとは?

  • 知人・友人や親戚から結婚の知らせを受けた際は結婚祝いを贈ります。結婚祝いには複数の方法があり、代表的なものは次の通りです。

  • ・品物を贈る

    食器や家電、雑貨類など新生活に役立つアイテムが人気です。お相手の好みに合わせて選びたいものです。

  • ・祝電を贈る

    結婚式・披露宴を欠席する際に、祝電を送るケースが多く見られます。専用の台紙に、メッセージが印字され、相手に届きます。バルーンやぬいぐるみ、ドライフラワーなどの記念品とセットになった商品も多数あります。

  • ・お金(ご祝儀)を贈る

    挙式費用や引っ越し費用など、結婚には何かとお金がかかります。現金は受け取った相手が自由に使い道を決めることができ、いつの時代も喜ばれる結婚祝いです。挙式・披露宴に招かれた場合や会費制でない場合は、ご祝儀を持参するのが一般的です。

  • 品物+ご祝儀、祝電+ご祝儀など、上記を組み合わせて贈るケースもあります。結婚祝いは必ずしもご祝儀である必要性はありませんが、何を贈ろうか迷った際はご祝儀を包むのが確実です。

ご祝儀の金額相場

  • 結婚祝いにご祝儀を贈る際、どれくらいの金額を包めばよいのでしょうか?平均的な金額は次の通りです。

  • <ひとりあたりのご祝儀額の平均相場>

    ・友人 3.0万円

    ・上司 3.8万円

    ・親族 6.4万円

    (データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」)

  • ご祝儀の金額は相手との間柄や年齢などによってケースバイケース。平均とは異なる金額を包んでもOKですが、相場は理解しておきたいものですね。なお、地域によっては相場が大幅に異なることもあるため、心配な場合は家族や周囲の人に相談するとよいでしょう。

ご祝儀袋のルール

  • ご祝儀を準備する際はいくつかのポイントを押さえる必要があります。ご祝儀袋にまつわる3つのルールをご紹介します。

  • (1)ご祝儀袋の選び方

    ご祝儀袋を選ぶ際は次の点に注意しましょう。

  • ・結びきり・あわじ結びの水引を選ぶ

    お祝い用の袋の中には水引(みずひき)が蝶結びになっている物もあります。蝶結びには「何度でも結び直せる」という意味があり、結婚祝いに使用するのはNGです。結婚祝いには「結びきり」「あわじ結び」の袋を使用しましょう。「結婚祝い用」「ご祝儀用」と記載のある商品を選ぶと確実でしょう。

  • ・金額に見合った袋を選ぶ

    ご祝儀袋は中に包む金額に応じて、さまざまなデザインがあります。金額が大きくなるほど水引や使用している素材が高級なものを選びます。中身に対してご祝儀袋のデザインが豪華になりすぎないよう、注意しましょう。水引に鶴や松の装飾が施されているなど、凝ったデザインのご祝儀袋は、5万円以上を包む場合に適しています。

  • (2)ご祝儀袋の書き方

    ご祝儀袋の書き方は以下の点を覚えておきましょう。

  • ・表書き(上半分)に「寿」と書く

    ご祝儀袋の中央に沿える短冊状の紙には、表書きを記載します。あらかじめ印字されている商品も多数ありますが、手書きする場合は短冊の上半分に「寿」と記入しましょう。「御結婚御祝」あるいは「祝御結婚」と記入しても構いません。

  • ・下半分に名前を書く

    表書きよりやや小さい文字で、自分の名前を書きます。連名の場合は、年長者を右側に書きます。夫婦連名の場合は夫を右側に書くのが一般的ですが、一部の地域では、夫の名前だけを記載し妻の名前は書かない慣習もあります。

  • ・中包みに金額と住所を書く

    ご祝儀袋の中に入れる中包みには、まず表側に金額を、「金〇万円」と書きます。裏側には左下に自分の住所と名前を書きましょう。

  • ・毛筆や筆ペンを使い楷書体で書く

    ボールペンなどは使用せず、毛筆や筆ペンではっきりと、読みやすい文字で書きましょう。

  • (3)ご祝儀袋の包み方

    お金を準備して、表書きを書いて一安心!ではありません。ご祝儀袋は包み方も肝心です。次の2点に注意しましょう。

  • ・お金の向きを揃える

    表(表書きがある側)にお札の肖像画が来るようにします。上下の向きは、肖像画が上です。

  • ・下からの折り返しが上になるように

    祝儀袋は下からの折り返しが上にくるように包みましょう。

  • 大切な人の結婚を祝うためにご祝儀を贈る際には、マナーを守ることが大切です。ご祝儀袋の書き方や包み方は細かいと感じるかもしれませんが、一度理解すれば一生使える知識です。大人女子としては、ぜひ押さえておきたいマナーですね。なお、こちらでは基本的な書き方をご紹介しましたが、お住まいの地域によっては独自の慣習が存在する場合もあるので、書く前に確認を忘れないようにしましょう。ご祝儀のルールを守って二人の門出をお祝いしましょう!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事