結婚祝いのお返しは何がおすすめ?贈るタイミングや相場は?
結婚祝いのお返しは何がおすすめ?贈るタイミングや相場は?

2017/12/04

結婚祝いのお返しは何がおすすめ?贈るタイミングや相場は?

結婚披露宴に呼ぶことができなかった、または欠席した友人や会社の上司、同僚から結婚祝いをいただいたら、内祝い(お返し)を準備しましょう。しかし、初めてのイベントで「何を贈ればいいの?」「いくらくらいの品物を用意したらいいの?」など分からないことも多いですよね。

今回は、結婚祝いをいただいた後の流れやマナー、性別・年代別のおすすめの品物についてご紹介します。
マナーを守りつつ、最高に喜んでもらえるお返しをしましょう。

結婚祝いをいただいたときは

  • まず、結婚祝いをいただいてから内祝いを準備するまでの流れをご説明します。

  • 1.結婚祝いは、挙式1か月前から1週間前にいただくことが多いでしょう。お祝いを直接受け取ったら、その場でお礼を伝えます。郵送などで受け取った場合は、すぐにお礼の電話をしてください。

  • 2.現金以外のものをいただいた場合、その金額を調べます。「金額を調べるなんて、失礼かな?」と思うかもしれませんが、品物の金額に応じてお返しの予算を決める必要があるので、必ずネットなどでリサーチしてください。

  • 3.結婚祝いを複数の方からいただいた場合は、リストを作っておきましょう。いつ、誰に、何をもらったのかに加えて、品物の金額や送り主の住所などを書いておくと、贈るときに手間がかかりません。

  • 4.品物の金額に応じて、お返しの品を選びます。性別、年齢、家族構成などに合わせて、何を贈るか決めましょう。親戚の方からお祝いをいただいたときは、親に相談しておくといいですよ。

  • 5.挙式後1か月以内に、お返しを発送します。品物だけではなく、メッセージカードを添えて感謝の気持ちを伝えてくださいね。

喜ばれるお返しとは

  • 相手に最高に喜んでもらえるお返しをするには、相手の好みや家族構成に合わせて品物を選びましょう。事前に相手の好みをリサーチするか、できない場合は年代別の人気商品の中から選びましょう。

  • 【女性】

    20~30代の友人や同僚…流行やオシャレにアンテナ高めの女性には、見た目がかわいい焼き菓子やいい香りのハンドクリーム・ボディクリームなどの美容グッズがおすすめです。

    40代~50代の親戚…ちょっとリッチな日用品を贈ると喜ばれます。品質のいいタオルや、デパ地下やオーガニックのお店で売っているようなこだわりの調味料などがぴったり。

  • 【男性】

    20~30代の同僚や上司…お菓子やお酒など消えものがベスト。独身男性には高級ワインやお酒など、妻帯者には家族みんなで食べられるお菓子の詰め合わせが好評です。

    40~50代の上司や親戚…目も舌も肥えた年代なので、品質の高いものを贈りましょう。質のいいタオルや寝具、晩酌用のビールやお酒などが好評です。

  • 女性、男性ともに60代以上の方には上等なグルメを。ブランド牛やハム、ソーセージセット、老舗店のお菓子などが最適です。

お返し選びのマナー!金額の相場は?

  • 結婚式の引き出物ののし書きには「寿」と書きますが、結婚祝いのお返しには「内祝」と書くのがルールです。紅白または金銀で本結び切りののしを選び、名入れは両家の名、または新郎新婦の名前にします。このとき、右側に男性、左側に女性の名前を入れるようにしてください。

  • 金額の相場は地域差がありますが、いただいたお祝いの半額ほどの品物をお返しするのが基本です。

  • 結婚祝いのお返しで贈る内祝いは、相手の好みや性別、年齢、家族構成に合わせて選ぶようにするのがおすすめです。好みが分からなくても、人気の高いアイテムの中から選ぶと失敗しませんよ。挙式後1か月以内に送るのがマナーなので、直前になって慌てることがないよう早めに準備しておきましょう。お返しを贈るにあたって一番大事なのは、相手に喜んでもらうことです。素敵な贈り物を用意して、あなたの人生の節目を祝ってくれた大切な人たちを笑顔にしてくださいね。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事