【シングル編】こんなことまでOK!?ファイナンシャルプランナーに相談できる内容とは?
【シングル編】こんなことまでOK!?ファイナンシャルプランナーに相談できる内容とは?

2018/07/11

【シングル編】こんなことまでOK!?ファイナンシャルプランナーに相談できる内容とは?

「ファイナンシャルプランナー(FP)」という言葉を見聞きしたことはあるけれど、何をしてくれるのかよくわからない、という人も多いのでは?投資や保険を相談できる、というのが一般的なイメージですが、実はもっと幅広く、人生設計やお金に関わる相談に乗ってくれる存在です。
では、一体どんなことが相談できるのでしょう。
まずは、結婚していないシングルにとって切実な相談項目をご紹介。
【ファミリー編】もチェックを!

監修:加倉井 慎(ファイナンシャルプランナー)、取材・文:江尻亜由子

こんなことまで? 意外に何でも相談できて、びっくり!

  • 家計チェック

    1人暮らしだからこそやり繰りが難しい、収入と支出の管理。無駄遣いをチェックし、支出を減らすためのアドバイスをもらえます。

    また、貯蓄を習慣づけるための先取り貯蓄システムの作り方なども相談できます。

  • 保険の見直し

    支出のチェックをする中で、保障内容を深く考えず入っていた保険などがあれば、より自分のライフスタイルに必要な保険にかけ替えるなどの相談を。保障内容が重複していないか、保険料が高すぎないか、などのチェックをお願いすることも可能。

  • また、自分が働けなくなった場合の就労不能保険や医療保険、年金代わりとなる保険など、加入を検討している保険についての相談にも乗ってもらえます。

  • 資産運用

    単純に貯金をするだけでは資産が全く増えない、超低金利時代の今。多少の貯蓄がある人は、資産運用の方法を相談してみましょう。

  • 投資信託や外貨預金、株式投資などの仕組みを教えてもらえたり、「iDeCo」「NISA」など税制が優遇される制度の活用法、さらには口座開設の方法などについても、聞けば丁寧にアドバイスをもらえます。

  • 住宅資金の相談

    結婚するにしてもシングルを通すにも、このまま家賃を払い続けるなら、自分で家を買ったほうが良いのかも…? 住宅購入について悩むことがあるなら、相談を。

  • 収入や仕事状況により、どのくらいの価格の物件なら無理なく購入できるのか、住宅ローンを借りる際にどのくらいの頭金とどれくらいの返済額なら実現できそうか、どこの銀行がお得なのか、などアドバイスをもらえます。

    逆に、賃貸に住み続けるなら家賃の目安や、購入の代わりに貯蓄するなら…などの相談にも乗ってもらえます。

  • 税務相談

    ケガや病気で医療費がかかってしまったので医療費控除をしたい、ふるさと納税をしたけどどうすればいいの…?などの場合も、相談を。税制がどのような仕組みになっているか、確定申告をするためにはどこに問い合わせをすれば良いか、など教えてもらえます。

  • 介護・医療費相談

    一人暮らしだけど、離れて暮らす親に介護が必要になってしまった…などの際も、助言がもらえます。介護費用はどのくらい必要か、介護保険制度の仕組みについて、たずねてみましょう。補助金制度などは申請しないと受けられないものもありますが地域差があるので、どういうところへ問い合わせをすれば良いか、なども教えてもらえます。

  • 老後資金

    シングルで老後を迎えた場合、年金はどのくらい? 公的社会制度でどんなサポートを受けられる? 老後の生活資金は、どれくらい準備すればいいの…? 多くの女性がなんとなく不安に思いながら過ごしている老後の生活設計についても、だいたいの生活費や必要貯蓄額を割り出して、対策をコンサルティング。

  • ライフプランニングのグラフ作成(基本的には有料)もしてもらえるので、ビジュアルでイメージしたい場合は有効です。

  • FPは、その資格の条件として上記の知識を持っていますが、すべてを自動的に提案してくれるわけではありません。まずは自分が相談したい内容と、それに必要な情報(収入状況、ねんきん定期便、納めている税金、貯蓄や資産の種類)など、ある程度の準備をして相談にのぞむのが有益な情報を得るためのポイント。

  • とはいえ、何をどうすればいいのかわからない…という人にとっても、問題点を整理する手伝いをしてくれるはず。漠然と不安に思うことがあるなら、まずは相談してみましょう。また結婚を考えている人は、【ファミリー編】も確認を。

  • ファイナンシャルプランナー 加倉井 慎さん

    お話を伺ったのはこの方 ファイナンシャルプランナー 加倉井 慎さん
    医療用医薬品商社での営業職を経て、外資系金融機関へ転職しファイナンシャルプランナーに転身。家計の見直し、保険相談、不動産売買のアドバイス、住宅ローンなどの相談を受け、年間400世帯以上、累計2000世帯以上にアドバイス。大手金融機関の年間表彰に、3年連続入賞中。
    お客様に寄り添うアドバイスで、「一家に一人、加倉井を」という存在を目指して活動中。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事