【中級編】1年で100万円貯める!方法
【中級編】1年で100万円貯める!方法

2018/05/25

【中級編】1年で100万円貯める!方法

このシリーズでは、1年で100万円貯めるためのノウハウをご紹介。初級編に続き、中級編の今回は、節約したお金を確実に貯蓄にまわすための方法について取り上げます。
節約プラスαの知識やスキルを身につけることで、「1年で100万円貯める!」という目標がより現実味をおびてくるでしょう。

監修:横山光昭(家計再生コンサルタント) 取材・文:佐野勝大

家計を「消・浪・投」に分け、まずは収入の6分の1を貯蓄に!

  • 初級編で、「お金を貯める第一歩は家計の現状を把握すること」と話してくれた家計再生コンサルタントの横山光昭さん。そこからさらに踏み込んで、毎月の支出を「消費」「浪費」「投資」の3つに分けて考えるのがおすすめだと言います。

  • 「『消費』は生活に欠かせない食費や住居費、『浪費』は嗜好品代など絶対必要というわけではない無駄遣い、『投資』は貯蓄や習い事代、資産運用など将来のためになる支出のこと。初級編で紹介した節約術などによって、『消・浪・投』の割合が70%・5%・25%になるよう心がけるといいでしょう」(横山さん/以下同)

  • 「消・浪・投」の理想の割合

    ◆「消」…70%(手取り月収30万円なら21万円)

  • ◆「浪」…5% (手取り月収30万円なら1万5000円)

  • ◆「投」…25%(手取り月収30万円なら7万5000円)

  • ちなみに横山さんによると、ひと月の理想の貯蓄割合は収入の16.7%なのだとか。これはつまり、「投資」にあてるお金の7割近くを、貯蓄にまわすのがベストという計算。手取り月収20万円なら3万3000円、手取り月収25万円なら4万1000円、手取り月収30万円なら月5万円を目標にしたいところです。

「先取り貯蓄」で、確実に貯められる仕組みを構築!

  • 毎月コツコツとお金を増やしていくことは、決して簡単ではありません。けれども、「確実に目標金額を貯めていける方法が存在する」と横山さんは言います。

  • 「お金を貯める際に、お給料から先に貯蓄分を抜いて貯蓄にまわせばいいのです。そうすれば、そのお金はなかったものとして月々のやりくりを考えるようになるでしょう。こういった貯蓄法のことを、『先取り貯蓄』と言います」

  • お給料から残った分を貯蓄にまわすやり方と比べて、確かに手堅く貯めることが可能。ただ、そうとう意志が強くないと、毎月続けるのは難しいような気もするのですが……。

  • 「貯蓄用の専用口座をつくって、そちらにお金を移すようにしてください。普段よく出し入れする口座は生活用ととらえて分けることで、『貯蓄=簡単に使わないお金』という意識も高まります。銀行には、自動的に貯蓄用口座にお金を移してくれる『自動積立定期貯金』サービスが存在。そういったものを活用すれば、便利かつより確実に毎月お金を増やしていけるでしょう」

  • 手取り月収30万円の理想の貯蓄額5万円を毎月先取り貯蓄にまわせば、なんと年間60万円。それだけで、目標額100万円の半分以上を貯めることが可能になります。

節税してお金を浮かす&お金のコントロール術を身につけることも大事!

  • 毎月5万円を先取り貯蓄をしたとすれば、あと40万円。残りをボーナスや初級編で紹介した節約テクでカバーすれば、目標の100万円を実現できる可能性がグンと高まります。

  • 「『ふるさと納税』を活用するのも、ひとつの方法です。寄付の上限が3万円の人であれば、実質2000円の自己負担で少なくとも1万円ほどの価値がある返礼品がもらえるので、非常にお得。返礼品としてお米などのグルメアイテムを選べば、食費の節約効果も期待できるでしょう」

  • また横山さんによると、お金の使い方を意識し、その流れをしっかりコントロールできるようにすることも大事なのだとか。

  • 「そのためには、いくら使ったかわかりにくいクレジットカードではなく、その場で引き落とされるデビットカードを使うのが有効。また、生活費は決まったペースでATMから引き出すようにしてください。お金を1円も使わない日をつくって実践してみるのもいいかもしれません。そうすることで、お金に関する管理意識を高められるでしょう」

  • 1年で効率よく100万円を貯めるには、ひと月の理想の貯蓄割合の把握、確実に貯められる仕組みづくり、お得な制度の活用、お金に関する管理意識のアップも重要。これらをしっかり実践していけば、目標により近づいていけるでしょう。

  • 家計再生コンサルタント 横山光昭さん

    お話を伺ったのはこの方 家計再生コンサルタント 横山光昭さん
    お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、1万人以上の家計を立て直した気鋭のファイナンシャルプランナー。個別相談やメディア出演のほか、『年収200万円からの貯金生活宣言』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)や『遊んでいても勝手に貯まる ほったらかし貯金術』(永岡書店)をはじめ、著作多数。その累計は276万部を超える。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事