ずぼら女子でもできちゃう貯金の方法があった!
ずぼら女子でもできちゃう貯金の方法があった!

2018/01/19

ずぼら女子でもできちゃう貯金の方法があった!

美容や資格の勉強など自己投資も大事ですが、将来のことを考えると貯金もしておきたいですよね。
しかし、仕事やプライベートに忙しいとなかなか貯金が続かず、つい後回しになってしまいます。

そこでご紹介したいのが、自動的にお金を貯めることができる「先取り貯金」という方法です。
最初に仕組みを作ることで、我慢することなく気がついたら貯金できていたという状態に。
今回はそんな貯金のやり方について解説します。

貯金の基本は先取り

  • 先取り貯金とは、毎月お給料が振り込まれたら、お金を使う前に貯金したい金額を貯金専用口座に移して貯めるという貯金方法です。人はお金があると、どうしても欲しいものをあれこれ買ってしまいます。しかし、そんな状態を放置しておくと、いつの間にかお金がないという状態になってしまいますよね。余ったお金を貯金しようと思っても、とても貯金できる状態ではありません。そこでおすすめなのが、先取り貯金です。最初に貯金をして残ったお金を生活費にあてるので、いつも通り使っていても計画的にお金を貯めることができます。

  • どんな方でも続けやすい貯金方法なので、ズボラな方も挑戦してみてください。

先取り貯金のやり方

  • 先取り貯金を実践するためには、銀行口座を2つ用意してください。ひとつ目は給料が振り込まれる口座、もうひとつが先取り貯金をするための口座です。毎月、給料が振り込まれたら、貯金したい額をもうひとつの口座に移します。銀行の自動送金システムを利用してもOKですが、「自動定期積立預金」を使うと便利です。自動定期積立預金とは、多くの銀行が取り扱っている金融商品で、毎月決まった日に指定口座から指定金額が差し引かれ、定期預金口座に振り込まれる仕組みになっています。自動で引き落としされるので手間がかかりませんし、普通預金よりも金利が高く、特典がもらえることもあります。銀行によって金利や特典が異なるので、ぜひお得なものを探してみてください。

  • もし、勤務先に「財形貯蓄制度」があるなら、それを利用してもいいでしょう。財形貯蓄制度は、毎月給与天引きで決まった額が差し引かれ、定期預金として積み立てられる仕組みになっています。財形貯蓄には「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3つがあり、とくに貯める目的が決まっていない場合は「一般財形貯蓄」がおすすめです。開始後1年経てば払い戻しができますが、それまでは払い戻し不可なので途中で使ってしまうリスクも減らすことができます。

先取り貯金をするときの注意点

  • 先取り貯金で貯金したい額を先に確保したら、残ったお金を生活費にあてることになるため、計画的に使わなくてはいけません。計画的に使うのが難しいという方は、残ったお金を4で割り、一週間に使ってもいい額を算出してください。その金額を袋分けにして管理したり、週に1回だけお金を引き出すなどして少しずつ使えるよう工夫してみましょう。一週間に使っていい額が分かっていれば、最初の週にたくさん使ってしまって、月末に金欠状態になることを防ぐことができます。

  • そして、ボーナスも基本的に先取り貯金をします。貯めたい金額を別の口座に移して、残りの金額で欲しかったものを買ったり、旅行に行ったりして楽しく使えるようにしてください。

  • 先取り貯金をすれば、自動的に貯まる仕組みができ、忙しい方でも簡単に貯金することができます。毎日の支出管理を徹底しなくても、貯金額を守れば放っておいてもお金が貯まるので、ズボラな方でも安心です。今まで、貯金しようと思っても大変で続かなかったという方は、ぜひ先取り貯金を実践してみてください。1年後にはまとまった金額が口座に入っているので、貯金する喜びを味わうことができます。自動積立定期預金は、金融機関によって金利や特典が異なるため、比較しながらどの商品にするか検討しましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事