転職に役立つ!知的な女性をアピールできる面接向けファッション
転職に役立つ!知的な女性をアピールできる面接向けファッション

2017/12/08

転職に役立つ!知的な女性をアピールできる面接向けファッション

アラサーになり転職を考えているという女性のみなさん、面接時のファッションについてお悩みではないですか?
スーツを着て行くべきなのか、その際リクルートスーツでもいいのか、ヘアスタイルはどうするかなどさまざまな疑問を持っていることでしょう。さらに面接時はネイルやアクセサリーにも注意が必要ですよ。

そこで、転職を考えているアラサー女子に向けて、面接時のファッションで気を付けたいポイントをご紹介しますので、転職活動の参考にしてください。

転職の面接はスーツ?

  • 転職の面接は、商談の場と同じだと思ってください。大切な取引先へはどのようなファッションで訪問しますか?業界にもよりますが、スーツで訪問する方がほとんどでしょう。つまり、面接でもスーツが最適だと言えます。ただしリクルートスーツはNG。いつまでも新卒気分だと思われてしまう可能性があります。リクルートスーツしか持っていない場合は、できれば新しいものを購入しましょう。黒無地のスーツはリクルートスーツのように見えてしまうので避けるのが無難です。どうしても新しいものを購入できないのであれば、せめてインナーだけでも買い替えると良いでしょう。新卒感が出るパリッとしたシャツは避けてください。アパレルや美容業界では、私服着用の方が好ましい場合もあります。転職する業界に合わせて最適な面接ファッションを心がけましょう。

ヘアスタイルはどうする?

  • 転職に限らず、第一印象を決める重要なポイントとなるヘアスタイル。転職の面接時には短い時間で担当者に好感を持ってもらわなければならないので、ヘアスタイルにも気を配りましょう。新卒時と違って、転職の場合は清潔感だけでなくビジネスマナーが備わっているかもチェックされています。明るすぎる髪色はNGですし、清潔感のない髪型も避けましょう。顔が見えると明るい印象も抱いてもらえるので、髪が長い場合は後ろにすっきりまとめたり、サイドの髪をヘアピンなどでしっかり留める配慮が重要となります。また、社風や業界にふさわしいか、そのヘアスタイルでクライアントへ出向いても問題ないかも見られていますので、さまざまな視点で自身のヘアスタイルをチェックすると良いでしょう。

ネイルやアクセサリーは?

  • 転職活動でよくやってしまいがちなNGファッションが、ネイルやアクセサリー。今や日常のおしゃれの一部として扱われることも増えてきたネイルですが、やはり面接の場において派手なネイルはNGです。会社によってはネイル自体をNGとしているところもあるので、面接時には落としていくのがベター。アクセサリーも同様で、外しておいた方が無難。つけていくのであれば、目立たないものにとどめましょう。せっかくいい受け答えができているのに、ネイルやアクセサリーで悪い印象を抱かれてしまっては元も子もないですよね。ただしこれらもスーツ同様、業界によって判断が分かれます。転職先の業界がどのようなファッションを好むか、先輩社員たちはどのようなファッションで面接に挑んだかを調べておくことをおすすめします。仕事をしながら転職活動を行う方が多いでしょうが、今の仕事の都合でどうしてもネイルが落とせない場合は、面接を受ける会社に事前にその旨を伝えておくと良いでしょう。また、うっかり忘れてしまいがちなのがバッグです。職場からそのまま面接に行く際、カジュアルなバッグやブランドバッグを持って行く方がいますが、これもNG。面接に適したビジネスバッグを用意しましょう。

  • 最初にお伝えしましたが、転職の面接は商談の場と同じです。面接官を大切な取引相手だと思って適切なファッションで臨みましょう。どれほどいい受け答えができても、この人となら一緒に気持ちよく仕事ができそうだ、取引先に連れていっても安心だと思ってもらえないと、採用にはつながりません。そのためにもファッションは重要。服装や髪形はもちろん、ネイルやアクセサリーといった見落としがちなところまでしっかり配慮してくださいね。最適なファッションは業界によって異なりますので、自分が転職を希望する業界がどのようなファッションを好むか、社風なども含めて事前に調べておきましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事