【明細開示編】お給料、どう使ってる?FPに公開相談!結婚資金を貯めたい! 20代後半マネー無頓着女子・改造計画
【明細開示編】お給料、どう使ってる?FPに公開相談!結婚資金を貯めたい! 20代後半マネー無頓着女子・改造計画

2017/10/05

【明細開示編】お給料、どう使ってる?FPに公開相談!結婚資金を貯めたい! 20代後半マネー無頓着女子・改造計画

毎月のあなたのお給料、しっかり管理できていますか?「節約しているつもりだけど、ぜんぜん貯金できない…」などなど、女子たちの様々なお金の悩みを、現役ファイナンシャルプランナーの加倉井慎さんがズバリ診断&解決する連載企画がスタート!

今回は、「平均以上のお給料はもらっているはずなのに、気づいたら毎月、なぜか赤字…」。
そんな悩みを持つ一人暮らしの山口えりさん(仮名)に、1ヶ月のリアルな月収&使い途を振り返ってもらいました。彼との結婚話を機に、結婚式兼新婚旅行の資金を貯めたい!という山口さんが、ファイナンシャルプランナーの加倉井 慎さんに真剣相談。まずは前編、明細開示編から。貯め体質へのアドバイスの後編も、併せて紹介します。

取材・文:江尻亜由子、監修:加倉井 慎

帰宅が遅くてほぼ外食。7万円を超える食費が家計を圧迫…!

  • 山口:28歳会社員の山口です。この後転職することが決まっているのと、31歳の彼との結婚話が出たのをキッカケに、結婚資金を貯めたいと決意しまして。その方法をご相談したいです。

  • 加倉井:それは、おめでとうございます。ではまず、現在のお給料明細と、支出内容を教えてください。

  • 山口:細かい使い途は記録していないので、支出は思い出せる範囲でざっくり出しました。お給料は平均以上だと思うしボーナスもきちんとあるのに、毎月知らないうちに、お金がなくなってマイナスになってるんです…!

  • 加倉井:確かに、収支を比べると約1万5000円足りない(笑)。20代女性でこのお給料はかなりいいほうですよね。それが赤字になってしまう原因は、主に何だと思いますか?

  • 山口:食費は高いなと思っています。一人暮らしで毎日帰宅時間が遅いので、自炊をほとんどしてなくて、外食が多いです。週末も彼や友人と外食するので2万円。昼食も会社に社員食堂がないので、近くのお店のランチメニュー約1000円×出勤日20日で、2万円の計算。さらにスタバなどで飲み物を買って仕事に戻るので…。

  • 加倉井:食費でトータル7万2500円は高いですね。一人暮らしの女性でも、1ヶ月の食費は4万円以下に抑えている方が多いです。

  • 山口:え、そんなに違うんですか!? その4万円は、ランチ代込みで?

  • 加倉井:込みですね。お弁当を作られていたり、ご自宅で料理される形で。山口さんの中で、お金について心がけていることはありますか?

  • 山口:生活費についてはデビットカード(※)を使って、口座にある以上の金額を使えないようにして管理しています。

    ※預金口座に紐づけられた決済用カード。使用した金額が即座に口座から引き落とされるため、口座に入っている金額が使用限度額に。

  • 加倉井:デビットカードは、使える金額が限られていていいですね。残高や明細もスマホで確認できますし。

  • 山口:昔はクレジットカードをメインに使っていたんですけど、私はお金の管理がすごく苦手なので、自分で使った金額が把握しづらいなと思ってデビットカードに変えました。生活費以外で高額なものを買う時は、クレジットカードを使いますけど。

  • 加倉井:それをご自身で考えて変えられるのは、素晴らしいです。

  • 山口:それなのに、デビットカードで足りなくなるとATMで引き出してしまうんです。それも時間外で、回数も多め。その現金が、大体毎月、使途不明の4万5000円に…。

  • 加倉井:それ、デビットカードを使ってる意味がないです!(笑) ATM手数料は1回で最低108円、時には200円以上の手数料がかかる場合も。しかも何回もかかるなら、それだけで1000円、2000円すぐ行っちゃいますから。一番の無駄遣いです。

  • 山口:そうですよね…(しゅんとする)。

  • 加倉井:ただそこは、意識して変えていけばいいことですから。

  • 山口:はい!(笑)

  • 加倉井:それより、問題はその使途不明金。4万5000円は、金額が大きすぎます!(笑)。他に何に使っていると思います?

  • 山口:それが、よく覚えてないんですけど…。本を買ったりとか、おもちゃを買っちゃってるかな(笑)。フィギュアとかが好きで。でも、引き出してもいつの間にかなくなってるんですよね…。

  • 加倉井:主に趣味的なものに使っているんですね。

  • 山口:でも、結婚に際してはいらないので(笑)。もう買いません!

目標金額をはっきりさせ、「見える化」することが大切

  • 加倉井:では本題の結婚資金について伺います。具体的な挙式のイメージはありますか? 時期はいつ頃で、どのくらいの規模で、というところを明確にして、すべてにおいて「見える化」しましょう。

  • 山口:時期的には、1年後くらいが希望です。場所は、バリ島で考えています。両家の両親と、友人を少し呼んで。

  • 加倉井:それは素敵な結婚式になりそうですね。きちんと具体的ですし。

  • 山口:あっ(照)。ありがとうございます。夢だけは具体的で、お恥ずかしい(笑)。

  • 加倉井:国内より海外で挙げるほうが、資金的には少なくて済みますね。

  • 山口:私が挙式したいところでいうと、挙式と新婚旅行を兼ねて大体300万円くらいかかりそうだなっていうのは、結婚情報サービスなどで調べたんですけど。

    加倉井:日本全国の平均額でいうと、挙式と披露宴の合計で300万~350万円といわれています。それに対して、参加される方がどれくらいご祝儀を包んでくださるのか、ご両親からの援助がどれくらいあるのか、ご主人様になる方と山口さんとでどれくらいの比率でお金を貯めるか、というところを具体的にする必要がありますね。

  • 山口:両親からの援助は、考えてなかったですね…。いただけたら、ありがたいですけど(笑)。

  • 加倉井:挙式と新婚旅行合わせての結婚援助資金は、両家からの合計で平均174.7万円あるといわれています。そこは、ご家庭それぞれですけれど。

  • 山口:え、そんなに!? …でも目標としては、自分たちだけで出したいなと思っています。二人とも大人なので、がんばろうかなと(笑)。

  • 加倉井:素晴らしいですね。そもそも結婚式にかかるお金は、すべて準備が必要なのではなく、引いていける金額がいろいろあるので、その残りを貯める感覚でいいと思います。たとえば20~30人招待して、ご祝儀が平均いくらで、トータルでかかるお金から引き算していく、という形ですね。

  • 山口:海外での挙式は家族と友達数名なので、多くて30人くらいかなと思います。でも多少の交通費を出すので、ご祝儀分はプラマイゼロじゃないかな…。

  • 加倉井:確かに、海外挙式の方はそのようにされることが多いですね。また海外挙式の後で1.5次会的な式を日本で挙げる場合は、そこでもコストが変わってきます。そこは考えられてますか?

  • 山口:国内でも、会費制のパーティを考えています。100名くらい招待して。

  • 加倉井:会費制なら、国内のほうは収支がトントンか、少しマイナスくらいのイメージですね。では、必要なのは海外での挙式にかかる金額ということになります。

  • 山口:お互い貯蓄は少しありますけど、今回のことに関しては、新たに貯めていきたいなと思っています。

  • 加倉井:そうすると、300万円を1年で貯めていかなければ、ということですね。

  • 山口:確かに…! 1ヶ月だと…(計算する)25万円!? 改めて考えると、恐ろしい(笑)。目標設定って、大事ですね。

  • 加倉井:ただ、これは彼氏さんと二人で貯めるものですから。彼側との比率は、どう考えられていますか?

  • 山口:6:4くらいかなと思っています。

  • 加倉井:男性と女性が同額で出すという目標設定にすると、もめるカップルが多いようなので、いいですね。やはり年収の平均が男性と女性では全然違って、一般的には男性のほうが1.5倍くらい多いですから。25万円を6:4で貯めると考えると、山口さんが貯めなければいけない目標額は、1ヶ月に10万円ですね。

  • 山口:10万円…! 毎月赤字の私が貯められる方法を、教えてください!(笑)

    赤字体質の山口さんが、月10万円の貯金をするには一体どうすれば!?アドバイス編の後編に続きます!

  • フィナンシャルプランナー 加倉井 慎さん

    相談に乗ってくださったのはこの方 フィナンシャルプランナー 加倉井 慎さん
    医療用医薬品商社での営業職を経て、外資系金融機関へ転職しフィナンシャルプランナーに転身。家計の見直し、保険相談、不動産売買のアドバイス、住宅ローンなどの相談を受け、年間400世帯以上、累計2000世帯以上にアドバイス。大手金融機関の年間表彰式に、3年連続入賞中。お客様に寄り添うアドバイスで、「一家に一人、加倉井を」という存在を目指して活動中。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事