一重まぶたさんにおすすめのアイメイク術で手軽に目力アップ!
一重まぶたさんにおすすめのアイメイク術で手軽に目力アップ!

2018/09/10

一重まぶたさんにおすすめのアイメイク術で手軽に目力アップ!

雑誌で紹介されているメイク方法を真似してみても、パッチリとした目にならないと悩んでいる一重まぶたの方も多いのではないでしょうか。
二重まぶたとは目の構造が違うため、同じようにメイクをしても異なった印象になってしまいます。

そこで今回は、一重まぶたでも目が大きく見えるメイク術をご紹介。
アイラインの引き方やアイシャドウの入れ方など、一重まぶただからこそ似合う方法をレクチャーします。
アイカラーの使い方についても解説しますので、デートのときに実践してみてくださいね。

一重まぶたにおすすめのメイク術とは

  • 一重まぶたは二重まぶたと違ってすっきりとした知的な印象がありますが、アイメイクをするときつい目元になったり、腫れぼったく見えてしまったりすることがあります。そうした悩みを解消するためには、目の形を丸く垂れ目風に仕上げて、キュートで愛らしい目元に見せることが大切です。

  • また、アイラインは黒ではなくブラウンを使うと優しい印象になります。アイシャドウに関してはマットアイシャドウを使うと重く見えるので、パール入りのシアーな質感のアイテムを使って抜け感を出しましょう。

優しい目元を作るアイラインの入れ方

  • アイラインはまぶたの構造上見えにくいため、全体的に太めに入れます。目頭から目尻にかけてペンシルアイライナーでラインを引いた後、綿棒で輪郭をぼかして自然に見せましょう。目尻はいつもより5mm長く、下げて引くと垂れ目風の目元になります。

  • また、一重まぶたに厚みのある人は目尻に影ができやすいので、コンシーラーを少し塗って明るさを出すと良いでしょう。ヨレやすい場所なので、リキッドタイプのコンシーラーを使ってください。

自然と目が大きく見えるアイシャドウの入れ方

  • アイシャドウは、3色入りのパレットなど濃淡のある色でグラデーションを作っても見えなくなってしまうことがあります。そこでイチオシなのが、単色アイシャドウを重ね塗りして自然なグラデーションを作る方法です。深みのある立体的な目元になり、一重まぶたを美しく見せてくれますよ。

  • まず、アイシャドウを指に取ったらアイホール全体に薄く入れましょう。次にブラシまたはチップに同じ色を取って目の際に重ね塗りします。境界線は綿棒や指でぼかして、ラフに仕上げてください。アイシャドウは、目尻から外側に広げて塗ると目を大きく見せる効果があります。

デートで実践!ピンクや赤などのアイカラーを楽しむ方法

  • 一重まぶたの方は、ピンクや赤などのカラーを使うと目が腫れぼったく見える傾向があります。しかし、塗る場所を工夫すると一重まぶたでも使いこなせるようになりますよ。特にデートでは、ピンクや赤みのあるブラウンを使うとかわいらしくて色気のある目元になるのでおすすめです。

  • ピンクや赤などのカラーは、アイホールの目尻側の3分の1だけ乗せましょう。アイシャドウチップで塗った後、指先でぼかせば自然になじみます。目の際には、目頭から目尻にかけて締め色として濃いブラウンを使えば、パッチリとした目元に近づきます。目尻だけ明るい色のアイシャドウを乗せると、まばたきのたびに表情が変わるので相手をドキッとさせることができますよ。ぜひデートのときに実践してみてください。

  • 一重まぶただと目が腫れぼったくて小さく見えたり、クールな印象になってしまったり、様々な悩みを抱えている方が多いかもしれません。しかし、アイラインの引き方やアイシャドウの入れ方を工夫すると、目を大きく見せることができます。とくにブラウンアイラインや単色アイシャドウは適度な抜け感を演出できるので、おしゃれで優しい目元になりますよ。今まで敬遠していたカラーも活用しながら、自分の目元に自信が持てるようアイメイク方法を変えてみましょう!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事