2wayヘアアレンジで仕事もプライベートも愛されモテ髪♪
2wayヘアアレンジで仕事もプライベートも愛されモテ髪♪

2018/07/31

2wayヘアアレンジで仕事もプライベートも愛されモテ髪♪

仕事の後に予定がある日はどんな髪型にしようか迷ってしまいますよね。
オフィス向けのアレンジにはきちんと感が必要ですし、プライベートタイムには今っぽいヌケ感を出したスタイルが理想的。
ヌケ感たっぷりのヘアアレンジはオフィスではだらしない印象を与えてしまいますし、かといってきっちりまとめたお仕事用の髪型のままだとプライベートな場ではつまらない印象になってしまいそう。

そこで今回は、仕事用のヘアアレンジから、仕事後のプライベート用ヘアアレンジへ変身できる2wayアレンジをご紹介。
時短でモテ髪を叶える小ワザを伝授します!

1. きっちりまとめ髪から、セミウェットなスウィートダウンヘア

  • ・お仕事タイム

    アレンジ前に、髪を固めないヘアオイルなどを全体にしっとりとなじませます。髪をまとめるときは、ヘアゴムを使わずヘアピンで留めていくのがポイント。髪を上下に分けてから、上半分と下半分をそれぞれ3つに分けて、全部で6つにブロッキングします。それぞれの毛束をぐるぐるねじりながら後頭部でおだんごを作ってピン留め。ブロッキングの数は、髪の長さによってお好みで調節してください。

  • ・プライベートタイム

    おだんごを固定していたヘアピンを外します。全部外したら、頭を下げて前屈姿勢になり、髪の内側から両手を入れてしっかりとほぐします。朝つけておいたオイルがほんのり残ってセミウェットなダウンスタイルに。仕上げに、自然なニュアンスを残せるヘアスプレーをふりかけてふんわり仕上げましょう。

  • ・持っていくもの

    ヘアスプレー

2. ヘルシーなポニーテールから、フェミニンゆるふわアップアレンジ

  • ・お仕事タイム

    髪の毛先を軽く巻いてベース作り。髪全体を耳の高さでひとつにまとめて、バナナクリップを縦付けします。スタイリング剤は、髪表面を整える程度でOK。

  • ・プライベートタイム

    ポニーテールの毛束をぐるぐるねじりながら、バナナクリップより頭頂部寄りにもっていきます。バナナクリップの上部あたりで、毛束をヘアピンで固定。表面の髪を少しずつつまんで引き出し、ヌケ感をプラスしたらできあがりです。

  • ・持っていくもの

    ヘアピンを数本

3. 定番ハーフアップから、今っぽ編み下ろし風ダウンスタイル

  • ・お仕事タイム

    毛先を軽く内巻きにしてからアレンジスタート。耳から上の髪を取り分けてまとめ、バレッタで留めてハーフアップに。髪表面にツヤが出るようにヘアオイルなどで整えましょう。

  • ・プライベートタイム

    バレッタはつけたままで、下ろしている全ての髪をシリコンゴムでひとつに結び、くるりんぱします。くるりんぱした毛束を三つ編みにして毛先をゴムで結んだら、バランスを見ながら編み目をほぐしてこなれた印象に。仕上げに、バレッタと相性の良い飾りピンでアクセントを付けたらできあがりです。

  • ・持っていくもの

    シリコンゴム2本

    お好みで飾りピン数本

  • 髪表面の毛流れを整えたスタイルはお仕事向きで、表面の髪を引き出してヌケ感を加えたスタイルはプライベート向き。いったんラフに仕上げた髪型を、きっちりスタイルに変更するのは難易度が高いですが、その逆はとても簡単です。遊び心のあるヘアアクセを使えばバリエーションもどんどん広がりますので、お手軽に使えるバナナクリップやバレッタを活用して、自分好みのヘアアレンジを見つけてくださいね。仕事用の髪型は、仕事後のヘアアレンジのための“仕込み”のようなもの。3つの2wayヘアアレンジを覚えて、早速次の予定から活用しましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事