前髪をアシメに仕上げてヘアスタイルを新鮮にチェンジ!
前髪をアシメに仕上げてヘアスタイルを新鮮にチェンジ!

2018/06/14

前髪をアシメに仕上げてヘアスタイルを新鮮にチェンジ!

おしゃれ芸能人のなかにも取り入れている人が多く、トレンドにもなっている「アシメ前髪」。
左右非対称のラインでカットすることでこなれ感を演出できて、小顔効果も狙えると評判の前髪です。
ベースがどんなヘアスタイルであっても、前髪をアシメにするだけでおしゃれ度がぐんとアップするのが最大の魅力で、トライしてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
でも、アシメにすると、モードっぽくなってしまい近寄りがたくなってしまうリスクもありますよね。

そこで今回は、アシメ前髪を大人可愛く仕上げる工夫を3つご紹介します。

@ayagassen@depparin72

アシメ前髪とはどんなスタイル?

  • まず、「アシメ前髪」はそもそもどんなスタイルなのか、簡単に復習しておきましょう。「アシメ」とは「アシンメトリー」の省略形で、「左右非対称」という意味です。よってアシメ前髪は、前髪をアシンメトリーなフォルムになるように整えたヘアスタイルのことを指します。髪の分け目を変えたり、流し方に変化をつけたり、カールさせたりなどアシンメトリーにする方法はいろいろありますが、一般的にはカットで表現する方法を指します。右上から左下へ、あるいは左上から右下へ、斜めのラインでカットされることがほとんどです。

アシメ前髪を取り入れるとどんな効果が望めるの?

  • アシンメトリーなフォルムは、髪型にメリハリが付き、新鮮な印象を醸し出します。前髪のラインをまっすぐに切り揃えたパッツン前髪は、人工的でクールなイメージになりますが、アシメ前髪は”粋”でこなれた雰囲気を出せるのがメリットです。

  • また、人の顔はたいてい左右非対称になっています。それぞれの顔が持っている個性に合わせて、前髪のラインを作って微調整することで、顔を小さく見せることも可能に。このあたりは、スタイリストさんの技術に寄るところも大きいですね。ぜひ、信頼のおけるスタイリストさんにお願いしましょう。

アシメ前髪を大人可愛く仕上げる攻略法3つ

  • 前髪を斜めにカットするアシメ前髪は、そのまま取り入れるとモードとエッジの効いた印象になりがちです。そこで、より大人可愛く仕上げるための3つの攻略方法をご紹介します。

  • 1. シースルーバング

    おでこが透けるくらいに前髪を薄く作る、シースルーバング。前髪の存在感そのものが薄まるので、アシメ前髪でもナチュラルな印象に仕上がります。

  • 2. ダブルバング

    2種類の長さを設定できるカット方法です。前髪の内側は斜めのカットラインにして、外側は一般的なラインにカット。二つの長さが混在することで、アシメ前髪の印象が和らぎます。

  • 3. 束感スタイリング

    少量のワックスなどで、前髪に束感をつける方法。適度におでこがチラ見えして抜け感が加わり、こなれた印象がアップします。均等に束感をつけてしまうとかえって不自然な仕上がりになってしまうので、サイドに寄るにつれて毛束を多めにスタイリングするようにしましょう。どこに重みを置くかを考えながら整えるのが、上手に仕上げるコツです。

  • 前髪をちょこっと変えるだけで、顔の印象は大きく変わります。ヘアスタイルを大きく変えることなく雰囲気が変わり、新鮮な印象を与えることができるので、気軽に変身したいときには大助かりです。さらに、こなれ感も出て小顔効果も狙えるアシメ前髪なら、合コンや女子会などでも好感度アップ間違いなしですよ。自然な流し前髪を作りやすくなり、前髪のスタイリングが楽ちんになるというのもポイント。モード系に偏りすぎないように、シースルーバングやダブルバング、束感スタイリングで微調整しながら、ほどよくおしゃれな大人の女性を演出しましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事