【2018】ロングの髪型アレンジはメリハリでアップグレード!
【2018】ロングの髪型アレンジはメリハリでアップグレード!

2018/05/22

【2018】ロングの髪型アレンジはメリハリでアップグレード!

“女性らしさ”の象徴とも言えるロングヘア。
髪の長さを活かしたアレンジの幅も広く、いろいろなフェミニンスタイルを楽しめますよね。
でもだからこそ、トレンドの影響を受けやすいという面も否めません。うっかりしていると、時代遅れな雰囲気になってしまっているなんてことも……。
例えば、流行継続中の「ゆるふわ」スタイルも、2018年は少しだけアップグレードして、メリハリを利かせた髪型アレンジがメインストリームに。
“波”に乗り遅れないように、最旬のスタイルを押さえて賢く恋活に励みましょう!

ちょっぴりクラシカルなシニヨン

  • ロングヘアを簡単にまとめられる「シニヨン」は、忙しい毎日を過ごす大人女子の強い味方。ざっくりと手ぐしでまとめてゴム一つで完成するお団子ヘアや、ウェーブをかけた髪を低めにねじりまとめるアレンジなど、“抜け感”や“ルーズ感”をキーワードにしたラフな雰囲気のスタイルが人気です。こうしたゆるふわの質感は今も人気なのですが、そこへ最旬のニュアンスを取り入れるには、フォルムにメリハリを利かせるのがポイントになります。例えば、アレンジのどこかにタイトなねじりをプラスしたり、シニヨンをふんわりと仕上げる代わりにトップや後頭部のボリュームを抑えたり。シャープなラインがプラスされた上品でクラシカルな雰囲気が、最旬の髪型アレンジのカナメです。

「ローポニー」でしっとり大人っぽいアレンジ

  • ポニーというと、耳の高さからトップまでの間で結びまとめるのが一般的ですが、よりえりあしに近い低めの位置でまとめる「ローポニー」の髪型アレンジが、大人っぽくて好評価。しっとり落ち着いた表情になるので、オフィスや学校、フォーマルな場面でも大活躍するロングヘアアレンジです。こちらも今までは、トップや後頭部の髪をつまんで引き出して、ふんわりボリューミーにすることで、ゆるふわのルーズなニュアンスを出すのが主流でした。今年はそんなローポニーにひと工夫加えて、アシンメトリーなフォルムを形づくるのがおすすめ。ロープ編みや大ぶりのヘアアクセで、メリハリをつけて仕上げることで、こなれた大人のイメージに生まれ変わります。

「編み下ろし」アレンジでほんのりスウィートに

  • 編み込みなどでトップからえりあしまでの髪を編み、さらに毛先まで編み続けて作り上げる「編み下ろし」アレンジ。編み目が多くなるぶん、あちらこちらから髪をつまみ出してふわふわの質感に仕上げた、ロングヘアを活かせる髪型アレンジです。ボリュームを出しやすいスタイルとして知られ、大きめの揺れるピアスや、女の子らしいヘアアクセと組み合わせれば、フェミニンな印象がぐんと高まります。そんな編み下ろしも、今年は少し大人っぽくシフトさせてみましょう。例えばくるりんぱだけで編み下ろして、ねじり部分のタイトな表面感や、くびれシルエットを活かすアレンジなど、全体的にメリハリのついたフォルムがおすすめです。

  • 今年もトレンドが継続する“抜け感”たっぷりの髪型アレンジ。リラックス感があるヘアスタイルは、ストレスフリーを目指す時代の流れとも合いますし、セルフアレンジがしやすいということもあり手放し難い存在です。でも、そもそもゆるめのウェーブをベースにしたラフなスタイルは甘めのテイストに偏りがちで、大人っぽくクールな雰囲気とは相反するもの。ロングヘアだとなおさらです。そろそろ単なる“ゆるふわ”からシフトして、シルエットに変化をつけてみませんか?ポイントはタイトな表面感やアシンメトリーなフォルム、そしてくびれシルエットです。毛動きのあるふわっとした質感や量感は残しつつメリハリをつけて、バランスのとれた髪型アレンジを目指しましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事