大人女子が知っておきたい女性ホルモンのこと
大人女子が知っておきたい女性ホルモンのこと

2018/02/15

大人女子が知っておきたい女性ホルモンのこと

日頃から体調管理を心掛けていても、季節の変わり目には不調が出てしまうという方も多いのでは?
特に寒暖差が大きい冬から春にかけては体調を崩しやすいものです。そこで注目したいのが女性ホルモン!
女性の体に大きな影響をもたらし、その乱れが体調不良の原因となっていることもあります。

そのため、不調を感じやすい季節の変わり目こそ、女性ホルモンのバランスを気にかけましょう。
ここでは女性ホルモンの基礎知識や整え方をご紹介していきますので、体調管理の参考にしてくださいね。

監修者:大塚真紀(医師、医学博士)

女性ホルモンとは?

  • 女性ホルモンの種類は「エストロゲン」という卵胞ホルモンと「プロゲステロン」という黄体ホルモンの2つです。それぞれが違う働きを持ち、生理周期に合わせて量を変動させながら分泌されます。女性ホルモンと上手に付き合うためには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の役割の違いや変動のリズムを知っておくとよいでしょう。

  • 卵胞ホルモン「エストロゲン」

    生理の終わり頃から排卵前に多く分泌され、“美のホルモン”とも呼ばれている「エストロゲン」。バランスよく分泌されることで、新陳代謝を促して肌や髪のハリツヤを保ちます。また、バストやウエストといった女性らしい体の特徴をつくるのも、エストロゲンの働きの1つです。一方でエストロゲンは、乳がんや子宮がんなどと関連するともいわれています。

  • 黄体ホルモン「プロゲステロン」

    一方、“母のホルモン”と呼ばれる「プロゲステロン」。妊娠するために身体を整える役割が特徴で、子宮内膜を厚くして受精卵の着床に備えたり、体温を上げたりします。しかし人によってはニキビや便秘の原因になることも。排卵後から次の生理まで分泌量が増え、その影響で生理前特有の頭痛、腹痛、腰痛、むくみ、肌荒れといった症状が現れたり、ブルーな気持ちになったりイライラしたりする人もいます。

女性ホルモンの乱れとは?

  • 生理周期に合わせて分泌量を変動させている2つの女性ホルモン。そのバランスが乱れてしまうと、生理周期がバラバラになったり、抜け毛やニキビが増えたりといったさまざまな不調が表れます。また、自律神経や免疫力とも密接な関係を持つため、頭痛やむくみ、疲労感、蕁麻疹などの症状を引き起こしたり、風邪をひきやすくなったりもします。バランスよく分泌されているかを知るには、基礎体温を測ると良いでしょう。女性ホルモンが正常に分泌されていると基礎体温のグラフは、生理開始から排卵期までは低温層、排卵期から生理前までは高温層となります。

女性ホルモンを整えるために

  • 身体の不調や基礎体温から女性ホルモンの乱れに気付いたら、生活習慣を見直してみましょう。質の良い睡眠や適度な運動、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。生活リズムを整えるためにも、起床時間を一定に保つこともおすすめですよ。また、女性ホルモンはストレスで乱れてしまうこともあるので、リラックスする時間を持つことも心がけると良いでしょう。それらに注意していてもホルモンバランスが整わないときは、漢方薬やピルを利用するという方法もありますので、婦人科で相談してみてくださいね。

  • 美のホルモン「エストロゲン」と母のホルモン「プロゲステロン」が正しく分泌されることによって、ホルモンバランスが保たれます。まずはそれらが自分の身体にどう作用しているかを理解しましょう。正しい分泌のリズムを知って、基礎体温を測ることでホルモンバランスの乱れに気付くことができます。自律神経や免疫力とも密接な関係を持つ女性ホルモンの乱れは、さまざまな不調を引き起こす原因の一つ。特に体調を崩しやすい季節の変わり目には、より一層ホルモンバランスを気にかけると元気に過ごすことができますよ。ホルモンバランスの乱れが気になったら、まずは生活習慣を見直しましょう。女性ホルモンを上手にコントロールして健康に過ごしてくださいね!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事