自分のレベルに合わせたメイクブラシ選びで女子力UP!
自分のレベルに合わせたメイクブラシ選びで女子力UP!

2018/01/15

自分のレベルに合わせたメイクブラシ選びで女子力UP!

女子力アップへの第一関門ともいえるメイクアップ。
メイクのレベルを上げるためにはメイクブラシが欠かせません。
そうはいっても、多種多様なメイクブラシを前に、どれをどう使えば良いのか分からなくなってしまうものです。
まず種類が多いので、どんなブラシをどれだけ揃えればいいのかも分からない。
それに、セットで購入するとほとんど使わないブラシが出てきたり、わざわざ高級なブラシを購入しても使うタイミングがなくて放置してしまっている場合もあるでしょう。
これからメイクブラシデビューを考えている方や、もう一度リベンジをはかりたいという方は、メイクブラシの“賢い揃え方”をおさらいしてみましょう。

【部分別】メイクブラシのタイプをおさらい

  • ベースメイク

    メイクブラシの中ではそれほど存在感のないベースメイクのブラシ。でも使ってみると、使わないときとの差がはっきりと見てとれます。リキッドファンデーションに使うのがポピュラーですが、コンシーラーやパウダリー、クリームなどのファンデーションにも積極的に使うのがおすすめ。形状としては、平筆タイプとフラットタイプに分けられます。

  • アイメイク

    メイクブラシでまず思い浮かぶのが、アイメイク用のブラシたちではないでしょうか。一番基本となるのは、「ブレンディングブラシ」。その名の通り、アイシャドウをブレンディング(色を混ぜる、なじませる)するために使うものです。ブラシ自体には何もつけず、まぶたにのせたアイシャドウを筆で肌になじませたり、グラデーションを描いたりして、ニュアンスをつけていきます。その他、アイホール全体用の大きめサイズや、カラーをプラスするときに使える小さめサイズの「アイシャドウブラシ」。さらに、目のキワ用の「シェーダーブラシ」「つくしブラシ」「ペンシルブラシ」があります。

  • アイブロウ、チーク、リップ、ノーズシャドウなど

    眉メイクに用には、斜めにカットされた「アイブロウブラシ」や螺旋状の「スクリューブラシ」がよく使われています。化粧品のパレットに付属してくることも多いです。また、大きくて存在感のあるチーク用の「フェイスブラシ」や「カブキブラシ」は、シェーディングやハイライトにも使えます。その他、リップ用、ノーズシャドウ用とその種類の豊富さは、枚挙にいとまがありません。

【お悩み別】メイクブラシのメリットとは?

  • 「ファンデが乗らない」をブラシで解決

    ファンデーションがお肌に綺麗に乗らないという悩みは、メイクブラシで解決できます。例えば、リキッドファンデを指で伸ばした場合は、肌表面の凸凹に対応できず、均一感が生まれません。また、パフを使うよりもブラシの方が、薄づきで密着度のある仕上がりに。

  • 「アイシャドウが苦手」をブラシで解決

    アイシャドウに苦手意識が生まれる理由は、どのくらいの濃さに仕上げるのかという加減が難しいからではないでしょうか。チップや指だと、濃すぎたりムラになったりとなかなかうまく塗れません。それを解決してくれるのが、アイメイク用のブラシです。アイメイクで大切なのは、アイカラーが生み出すニュアンスをやり過ぎることなく表現すること。メイクブラシがあれば、ちょっとした陰影やカラーのスパイスなどを効かせるのにも便利です。

  • 「メイクすることで不自然な顔になる」をブラシで解決

    メイクすればするほど不自然な顔になってしまうという経験をしたこと、ありませんか?例えば、眉やチーク、ノーズシャドウが濃すぎると、違和感のある表情になってしまいます。ほどよい雰囲気に仕上げるには、メイクブラシで加減を見ながら調節するのがポイントです!また、リップは直塗りや指で伸ばすという方が多いかもしれませんが、リップブラシで輪郭を取るだけでも印象が違って見えますよ。

メイクレベルに合わせたメイクブラシの揃えかた

  • 近年、ヌーディーなメイクが流行していることもありますし、メイクブラシデビューを考えているなら、ベースメイク用のファンデーションブラシがおすすめです。ベースが美しく仕上がっていれば、他は少々手抜きしても大丈夫。

    そして、これまでメイクブラシを使ってきたけれどなんとなくしっくりこないという方には、上質なチークブラシがおすすめ。お気に入りのチークブラシさえあれば、ノーメイクにチークだけでもお顔の印象がぐんと見違えます。

    それから、メイクブラシはひと通り押さえているという方は、ブレンディングブラシを新調して見てはいかがでしょうか。固め、柔らかめなどの違いがあるので、自分の好みに合わせてチョイスしましょう。今までと少し違った目元を演出してくれるはずです。

  • 好印象を与えるメイクとは、自分の個性を上手に引き出してくれるもの。ただただ化粧品を塗りつければ良いというものではありません。だからこそ、メイクブラシが大切なのです。適材適所でブラシを使うことができれば、濃すぎず、薄すぎず、丁度良い加減のメイクが叶います。コスメをたくさん揃えるよりも、むしろブラシを一つゲットする方が、メイク上達・女子力アップへの近道です。自分のメイクレベルに合わせて賢くメイクブラシを選び、メイクをぐんと上達させて、大好きな彼にもっともっと可愛いと思ってもらいましょう。

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事