今から気をつけたい!おばさん体型を回避する健康習慣3選
今から気をつけたい!おばさん体型を回避する健康習慣3選

2017/11/09

今から気をつけたい!おばさん体型を回避する健康習慣3選

「最近太りやすくなった」「20代前半の頃と比べてボディラインの崩れが気になる」‥‥
こんな風にお悩みの人はいないでしょうか。アラサー女子ともなれば、そろそろ体型の崩れが気になるお年頃。
美しく引き締まった体型を維持するためには、健康習慣を身に付けることが大切です。
何もしないまま30代に突入すれば、体型の崩れが手遅れになってしまうかも‥!?
後悔することが無いように、早め早めに体型維持に取り組みましょう。
今回はきれいなボディラインを維持するために身に付けたい、おすすめの健康習慣をご紹介します!

アラサー女子に重要な「体型維持」

  • 30歳を過ぎるとボディラインが崩れやすくなるのは多くのアラサー女子に共通する悩みですが、それには以下のような理由があります。

  • ・仕事の忙しさによる生活リズムの乱れや運動不足

    職場での信頼が厚くなり、仕事上の責任も大きくなる、そんな30代女子は忙しさもピーク。残業が増えたり終業後のお付き合いなどで、帰宅時間は遅くなりがち。このような生活では、食事の時間や寝る時間など生活リズムが不規則になってしまいます。また、自由な時間も減ってしまうことから継続的に運動することも難しく、運動不足に陥ってしまいます。

  • ・30歳前後は女性ホルモンのバランスが不安定に

    引き締まったボディラインの維持に重要なのが”女性ホルモン”です。女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は女性らしい体型作りやお肌の潤いをキープする作用があるといわれ、別名”美のホルモン”とも呼ばれています。しかし、20代後半~30代頃には忙しさやストレスの影響でホルモンバランスが乱れやすいと言われています。30代に突入して急に太りやすくなるのは、女性ホルモンの影響も疑われます。

  • ・加齢とともに基礎代謝量がダウン

    年齢を重ねるごとに、私たちの基礎代謝量は低下していきます。基礎代謝量とは「心身ともに安静な状態の時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量」を指します(引用元:厚生労働省e-ヘルスネット)。加齢とともに筋肉量が減ることなどが原因で、基礎代謝量が落ち、同じ活動量でも消費できるカロリーが減ってしまうのです。

体型維持には予防対策が重要

  • 体重が大幅に増え、体に皮下脂肪が蓄積してしまった状態から、スリムな体型になるのは大変な労力です。カロリー制限やさまざまな運動メニューを組み合わせたりと、本格的なダイエットに取り組まなければなりません。日頃から予防対策に取り組み、体型維持に注力するほうが負担も少なくて済みます。自分の体型の崩れに見て見ないふりを続けて、いつの間にかおばさん体型になってしまうのは避けたいものですよね。手遅れになる前に「健康習慣」を取り入れて、太りにくい体作りを目指しましょう。

体型維持に役立つ健康習慣3選

  • スリムな体型維持に役立つ、おすすめの健康習慣はこちらです。

  • 冷え予防で基礎代謝量をキープ

    基礎代謝量は筋肉量や1日の活動量など、さまざまな要素から影響を受けます。その1つが体温です。体が冷えて血行が悪くなると、基礎代謝量の低下につながります。

    ・日中の冷えは夜にお風呂でリカバリー

    オフィス内の冷房や、寒い季節の外回りなどで体が冷えがちな人は、冷え対策が重要。仕事上、体が冷えるシーンを避けられない人は、夜にじっくりお風呂に浸かって体を温めましょう。人肌よりやや温かいくらいのお湯に、約20分間を目安で浸かるのが理想的です。

    ・ホットドリンクで体の内側から温める

    生姜湯やシナモンティーなどがおすすめ。飲めばポカポカと身体が温まりますよ。反対に、砂糖の摂り過ぎは体を冷やす作用があるため、ジュースなど糖分が多く含まれる飲み物はできるだけ控えましょう。

  • ながら運動で1日の活動量アップ

    運動のためにまとまった時間を取れない人は「ながら運動」で体を動かしましょう。

    ・電車内でできる!つま先立ちエクササイズ

    つま先立ちになり、ふくらはぎの負荷を意識しながらしっかりかかとを持ち上げ、5秒間キープ。その後、3秒かけてゆっくり戻します。ふくらはぎのシェイプアップにも役立ちます。

    ・いつでもどこでも!ドローイン

    鼻からゆっくり息を吸い、ゆっくり吐きます。息を吐くときに下腹をへこませます。背中に限界まで引き付けるイメージでギリギリまでへこませたら、お腹を緩めてリリースします。ウエストラインの引き締めにも効果的ですよ。

  • 早寝早起きを侮ることなかれ!

    体型維持と美容のために、ぜひ取り組みたいのが“早寝早起き”。ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠不足と夜更かしはホルモンのバランスを崩す原因になります。翌朝気持ちよく目覚め、日中の運動効果を高めるためにも、遅くとも日付が変わる前に布団に入ることを目標にしましょう。

  • 体型維持が難しくなってくるアラサー女子は、毎日の健康習慣でコツコツ体型維持に取り組むことがおすすめです。ダイエットのためにまとまった時間を取ろうとすると、どうしても先延ばしになりがちですが、短い時間でできる健康習慣なら、無理せず実践することができるでしょう。おばさん体型になってショックを受ける前に、予防対策が肝心です。忙しい毎日でも健康習慣を忘れずに心がけて、30代以降もスリムな体型をキープしましょう!

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事