20代女子必見!理想のふっくら「美乳」NAVI
20代女子必見!理想のふっくら「美乳」NAVI

2017/07/26

20代女子必見!理想のふっくら「美乳」NAVI

夏はファッションも楽しみたいし、水着も着た~い!そんな女子が知りたい「美乳」になる方法をご紹介。20代から気をつけなきゃいけないこともしっかり勉強して、理想の胸に近づいちゃおっ♪

出典 ホットペッパービューティー2016年5月号
構成・取材・文/高橋夏実(本誌)
監修/伊藤まゆ
撮影協力/Carica spa(オイルトリートメント)、癒楽(整体)

ブラのスカスカは老け乳への危険信号!?

  • エイジングに伴うバストの変化

    「バストの変化には、ざっくりわけて4ステップあります。ステップ0は全体的にボリュームがあってハリのある状態のこと。ステップ1になると上辺が削げてきて、ボリュームが下へ落ちてきます。同じC70をつけていたのに、ブラの上部分が少しスカスカになってきたな…と思ったら、この段階。その後、上辺が削げたまま下がってきて、最終的にはハの字型に外側へ流れ、そのまま下垂していく、という流れになります。個人差はありますが、25歳頃から既にステップ1になっている女性もいらっしゃいます」(村田さん)

  • こんなコトしてない?老け乳に近づくNG項目

    寝るときも含めて、家では基本ノーブラ

    カップ付きキャミで日常生活を送る

    バストアップのために合掌ポーズのストレッチ

    いつもの下着でスポーツや運動をする

    下を向いて携帯を見ながら、同じ姿勢を保つ

    1年以上バストのサイズを測っていない

  • 人気ファッションで美乳から遠ざかる

    人気ファッションで美乳から遠ざかる

    「最近よく見かけますが、カップ付きのキャミやベアトップで日常生活を過ごすのはNG。バストは形状記憶をしてしまうので、胸の支えがなかったり、押し付けたりすると、下垂や形崩れの原因に」(MACOさん)「バストを支えているクーパー靭帯。この糸のような靭帯は、揺れることによって切れてしまいます。クーパー靭帯は再生しないので、1度切れてしまったら戻すことは不可能。今のうちからTPOに合ったブラをつけて、胸を揺らさないように気を付けましょう」(村田さん)

  • 個人個人に合った自然なバストが理想

    「大きければ良いわけではなく、全体のバランスが良いバストが理想です。ノーブラの状態で肩とひじの真ん中にトップがくるのがベスト」(MACOさん)「洋服に合わせて自然なシルエットを作ることで美乳に。Tシャツには丸みのあるブラ、ビッグシルエットには高さが出るブラを」(村田さん)

今からやっておきたい!「美乳」になるための4つのこと。

  • 自分のバストについてしっかりわかったら、次は美乳へ近づく方法を実践。自分でできるものからサロンでやってもらえることまで、たっぷり教えます!

1:全体のバランスを一緒に鍛えて小顔+美乳エクササイズをする

  • 全体のバランスを一緒に鍛えて小顔+美乳エクササイズをする

    「やっている人が多い合掌ポーズのエクササイズ。実は、これだと腕の筋肉を鍛えてしまうため、バストにはほぼ効きません。それよりも、バスト周りの筋肉をほぐしたり伸ばしたりした方が、内側に寄ったり、全体に丸みが出やすくなります。顔とのバランスも大事なので、小顔と美乳を同時に目指すエクササイズを一日一回行って」(MACOさん)

2:シーンに合わせて付けるものも変化ブラジャーと正しく付き合う

  • ブラの正しいつけ方

    シーンに合わせて付けるものも変化ブラジャーと正しく付き合う

    「バストの形や大きさに悩んでいる方は、小さいサイズのブラを付けている方がほとんど。そうなると、つけ方やつけ位置も間違ってきます。人それぞれ合う形も違うので、プロに選んでもらって合うものを身に着けることがとにかく大事。また、運動や寝るときなど、日常のシーンに合わせてきちんとブラを変えましょう」(村田さん)

3:見た目を良くするには筋肉をほぐすのもコツ。鎖骨まわりをオイルトリートメント

  • 全体のバランスを一緒に鍛えて小顔+美乳エクササイズをする

    「周辺の筋肉が凝っていると血流も悪くなり、バストに良くありません。オイルトリートメントなどで鎖骨回りの筋肉をしっかりもみほぐして。リンパ周りの血流を良くすることで、デコルテもすっきりします」(MACOさん)「バストや首、デコルテが乾燥していると美乳からも遠ざかります。オイルなどで保湿することも大事」(村田さん)

4:手の届きづらい場所がポイント!肩甲骨ほぐしを整体でしてもらう

  • 全体のバランスを一緒に鍛えて小顔+美乳エクササイズをする

    「肩甲骨周りの筋肉を僧帽筋(そうぼうきん)といいますが、この筋肉がこわばっていると、肩が前に出てバストが垂れやすくなってしまいます。だから、肩甲骨をほぐして左右のバランスを整えることはとっても大事。また、普段スマホの使用などで姿勢が悪くなりがちな方は、まず姿勢を良くすることから気を付けて」(MACOさん)

  • ※効果は体調改善で、体質改善や病気治療とは異なります
    ※各施術やサービスはお店によって異なります

  • 全体のバランスを一緒に鍛えて小顔+美乳エクササイズをする

    株式会社ワコール 村田美紀さん人気下着ブランド「ワコール」の広報・宣伝部所属。女性の身体の変化や、下着、美しさについてなどをPR。ファッション誌やメディアなど多数出演

  • 全体のバランスを一緒に鍛えて小顔+美乳エクササイズをする

    美乳研究家 MACOさん美乳研究家。独自のメソッド考案者でもあり、半年間でB→Fカップに育乳。タレントやモデルに定評がある。http://ameblo.jp/maco329/

campaign注目のキャンペーン

related article関連記事